toggle
2021-04-20

牡牛座1度・清らかな山の小川

牡牛座1度のサビアンシンボルは、牡羊座で経験した性質を形にしようとする。山の水源から湧き出る清らかな水は、海へと続く道のりで小川へと分岐する。枝分かれした小川がその行程でどのような形状となったとしても、流れは必ず下流へ向かうものと決まっている。山の水源が表すものは、生命力でもあるが、何らかの伝統的なものや先祖からの精神的なものかもしれない。持って生まれた天性の才能など、時間を掛けて磨き上げることが出来る特徴。流れは立ち止まることは出来ず、目標に向かって突き進むことにより、その流れは勢いを増し大海へと進む。ひとつの場所に留まると水は濁りやがて沼となるだろう。出会う人々との縁を大切にすることで、広がって行く世界がある。自信を持って進むのは良いが、独りよがりになることとは違う。牡牛座1度は避けることが出来ない境遇を自然に受け入れると考えます。

牡牛座1度サビアンシンボル・清らかな山の小川

不動宮・ミュータブルサイン

Wheeler&Jones

A clear mountain stream.
清らかな山の小川。

Rudhyar

A CLEAR MOUNTAIN STREAM.
純粋で汚れていない自己の性質。

牡牛座1度・No.31

牡牛座1度は、牡牛座の第1グループです。牡羊座から一歩進んだ牡牛座は、自分の資質に意識が向き、自己を固めて行こうとします。牡牛座第1グループは、まだはっきりと自分の資質について理解していませんが、生まれ持った資質が開花して行きます。

牡牛座1度サビアンシンボル・清らかな山の小川

4月20日前後

ディグニティ・デーカン

金星・牡牛座

キーワード

浄化。資質。根源。境遇。精神性。信頼。信念。野心。偏見。独りよがり。

対極サビアンシンボル

蠍座1度:観光バス。

A sightseeing bus.

牡牛座1度の対極サビアンシンボルは、蠍座1度です。蠍座1度は周りと楽しく過ごします。

Sabrina EickhoffによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←牡牛座2度

牡羊座30度→

関連記事