toggle
2021-04-20

牡牛座1度・清らかな山の小川

牡牛座1度のサビアンシンボルは、牡羊座30度のアヒルの池の水が流れ込んで来ます。清らかな山の小川は、山から海へと下流に向かって流れ込むことから、自分の持つ潜在的な性質を表すサビアンシンボルです。山の水源は、生命力、先祖から継承された伝統的なものであり、持って生まれた才能など磨き上げて行かなければならない。牡牛座1度サビアンシンボルは、抗うことができない運命を感じると考えます。運命に抵抗をしたところで、川の流れを止めることはできないものです。そうであれば、全てを受け入れ自己の資質を磨き上げて行くことで人生が展開して行くのでしょう。人々との交流を楽しむ、対極サビアンシンボル蠍座1度「観光バス」の影響もあり、出会う人々とのご縁を大切にすることで世界が広がって行きます。先祖や継承の意味の強いサビアンシンボルですが、才能や資質として表れることが多いでしょう。ひとつのことに留まろうとせず、視野を広げ多くを取り入れて行くと良いでしょう。

牡牛座1度サビアンシンボル・清らかな山の小川

Wheeler&Jones

A clear mountain stream.
清らかな山の小川。

Rudhyar

A CLEAR MOUNTAIN STREAM.
純粋で汚れていない自己の性質。

牡牛座1度・No.31

牡牛座1度は、牡牛座の第1グループ始まりの度数です。 牡牛座第1グループは、持って生まれた自己の資質(才能)を発見する中で自分と言うアイデンティティを確立して行こうとします。牡羊座1度は、抗うことができない運命を感じます。

牡牛座1度サビアンシンボル・清らかな山の小川

4月20日前後

クオリティ

フィクスト

エレメント

ディグニティ・デーカン

金星・牡牛座

キーワード

浄化・資質・根源・境遇・精神性・信頼・信念・野心

対極サビアンシンボル

蠍座1度:観光バス

A sightseeing bus.

牡牛座1度の対極サビアンシンボルは、蠍座1度です。観光バスは、 自分の殻を破って人々と深い交流をして行こうとします。

スクエア(90度)サビアンシンボル

獅子座1度:脳溢血の症例

水瓶座1度:古いレンガ造りの伝道所

総合サビアンシンボル

水瓶座29度:さなぎから出て来る蝶

Sabrina EickhoffによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←牡牛座2度

牡羊座30度→

牡牛座サビアンシンボル

サビアンシンボル一覧

関連記事