toggle
2021-05-04

官印両全の命・行動と考え方

四柱推命の官印両全の命(かんいんりょうぜんのめい)とは、四柱に官星と印星が並んだ命式のことです。官星の積極性と責任感印星の頭脳が備わる組み合わせで、社会的にも学問や芸能の分野で才能を発揮することが出来る命式です。行動力や積極性は無くても困りますが、有り過ぎても失敗を生む可能性があります。思慮深さは無いよりかは有った方が良いですが、石橋を叩いて渡らなくてもいけません。そのバランスが取れているのが、官印両全の命です。

官印両全の命の組み合わせで一番良いと言われるものは、月柱に正官、年柱に印綬の組み合わせだと言われますが、偏官、偏印であっても、それぞれの良さを生かして活躍することが出来る星です。天干星(変通星)だけではなく、その下に付く地支でも総合的に判断します。

官印両全の命・伊藤かずえさん

伊藤かずえさん命式

伊藤かずえさん。最近は愛車の日産シーマを長年乗り続けているとネットニュースで見掛けることがありますが、若い方はあまり知らないかもしれませんね。私は、伊藤かずえさんと言うと昔の大映ドラマの印象が強いです。デビューは10代後半かと思いきや、子どもの頃に俳優養成所に入られて12歳で歌手デビューされているようです。

伊藤かずえさんは、愛車を大切にされているだけではなく、手芸も得意だと以前お話されていました。偏印は同じ趣味でも印綬に比べますと、少し変わった視点を持っており凝り性だと言われます。漫画家の方など、命式に偏印を持っている方が多い印象です。

伊藤かずえさんの官印両全の命ですが、地支星が衰、沐浴と不安定さが見られます。色白でほんわかした雰囲気の方ですので、表立って取り上げられることはありませんが、気の強い面があるのではないでしょうか。長年、芸能界で活躍されている方ですので、気が弱くてはやっていけないですよね。伊藤かずえさんは、人生全般に見ますと安定した運気をお持ちです。60代以降は体調に注意が必要になりますが、誰しも健康には注意しなければならない時期に入りますので、日頃から健康管理に気を付けられていれば大丈夫だと思います。

日干・庚午

日干・庚午(かのえ・うま)は、庚はマツコ・デラックスさんと同じ「金の陽」で、堅い金属(刀)を表すように、物事の曖昧さを嫌い、気に入らないことに対しては容赦ない攻撃をすることがあります。品の良さがありますが、繊細ですが、負けず嫌い。キャリアウーマンタイプ(死語なのか?)だと言われます。伊藤かずえさんも品がありますよね。

官印両全の命・まとめ

四柱推命では、天干星(変通星)の組み合わせで良い命式と呼ばれるものがありますが、特定の名前がついていない命式もたくさんあります。人は持って生まれた宿命(生まれた国や地域、人種、性別、体質、家族の遺伝的なもの)は、変えることは出来ませんが、人生の成功や失敗は基本の運だけで決まるものではありません。どんなに運が良い人でも努力や忍耐は不可欠ですし、どのようなことでも努力をせずに結果を出すことは出来ないものです。

しかし、成功している人は、知らぬうちに良い時期に行動を起こしていることが多く、星の運と言うものを取り入れられるなら、積極的に取り入れたいと思いませんか?移り変わる誰かの気持ちや今日の出来事に右往左往するのではなく、人生の大きな流れを把握し計画を立てて行くと、未来は幸運とチャンスを運んで来てくれます。自分自身への理解を深め、運を味方につけて、日々を創造して行きたい方はセッションをご依頼ください。

関連記事