toggle
2021-05-10

牡牛座21度・開かれた本の一行を指差す

牡牛座21度のサビアンシンボルは、牡牛座20度で不安定ながらも直観を信じて行動した後、体験から真実を見極めて行く。私たちは、自分の信じる現実に照らし合わせて、様々な知識を検証して行きます。伝統的なものであれ、現代的なものであれ、自分にとっての真実を見極め、自己の中に落とし込んで行くことは、至って普通のことであり、それらが、他者の空想であれ、事実であるかは関係ありません。

真実を見極めるためには、他者の話をよく聞くことではなく、自分自身の本当の声を聴かなければなりません。本当の声を聴くためには、洞察力が必要です。人は誰でも、自分の価値観に従って物事を判断しますが、それらがすべて正しいと言うことはあり得ないことですが、何か起こると反射的に瞬間的に物事の良し悪しを判断してしまうものです。事実は人の数程あるものです。洞察力には広い視点を持つことが必要になります。すべて自分の価値観で正しいもの。間違っているものを判断しないことです。

牡牛座21度は様々なものからメッセージを受け取ると考えます。自分にとって重要な情報は開いた本の一行かもしれない。流れて来る音楽かもしれない。夢の中かもしれないし、誰かが何気なく呟いた言葉かもしれない。どのような形であっても、自分にとって必要なものを受け取ります。

牡牛座21度サビアンシンボル・開かれた本の一行を指差す

Wheeler&Jones

A finger pointing in an open book.

牡牛座21度は、経験から目的を整理をする人間の微細な識別の象徴です。

Rudhyar

A FINGER POINTING TO A LINE IN AN OPEN BOOK.

開かれた本の一行を指し示す指。

牡牛座21度・No.51

牡牛座21度は、牡牛座第5グループです。牡牛座20度で自然にやって来るメッセージを受け取る力を身につけ、伝統的な本の中に答えを見付けることが出来るようになります。

牡牛座21度・開かれた本の一行を指差す

5月10日前後

ディグニティ・デーカン

土星・山羊座

キーワード

洞察力。本質。記録。自問自答。記憶。情報。夢の記憶。不信感。

対極サビアンシンボル

蠍座21度・任務を放棄した兵士。

A soldier derelict in duty.

牡牛座21度の対極サビアンシンボルは、蠍座21度です。任務を放棄した兵士とは、自分中で強くなった気持ちを表現します。

congerdesignによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←牡牛座22度

牡牛座20度→

関連記事