toggle
2021-05-09

牡牛座20度・風雲急を告げる

牡牛座20度のサビアンシンボルは、牡牛座19度で自己の潜在意識に眠る可能性に気付き、直観的にやって来る変化に対応します。風雲急を告げるとは、一大事が起こりそうな不穏な気配が漂っていることですが、空を雲が駆け抜けるのを眺め、変化が起こる前触れを感じて、自我が高まることを表しています。

人生の瞬間、瞬間は儚く、次々にやって来る新しいシナリオをどのように対処するか、毎度、試練がやって来ます。試練と言うと大袈裟で恐れを感じてしまうかもしれませんが、私たちは、このようなことを日常的に無意識で行っており、直観的にこれからどうするかを感じ取っているものです。日常の変化の数々は、すべて意味のないことのように軽く扱ってしまいがちですが、目の前で起こっていることに対して力を注ぎこむことで、日常の出来事の中でも魂を成長させることが出来ます。

空を横切る翼のような形をした雲は、ガイドや天使の導きです。感情は常に揺れ動き、安定はしていないが、状況は安定しないものが常であることを忘れてはならない。安定しないことの方が正しいのです。牡牛座20度は、自分の力ではどうしようも出来ないことが起こるが、直観的に対処すると考えます。物事が進展するが思っている以上に早いスピードで展開して行きます。探していた答えが見付かりそうだが、様々なことを見落としてしまいそうな勢いがある。方向性が見えて来ると考えます。表面的には何も変わらないかもしれないが、心は決まっている。風を読む能力。

牡牛座20度サビアンシンボル・風雲急を告げる

Wheeler&Jones

Wind clouds and haste.

This is a symbol of the transiency.

牡牛座20度は儚さの象徴です。

Rudhyar

WISPS OF WING-LIKE CLOUDS STREAMING ACROSS THE SKY.

翼のような雲が空を横切っていく様子。

The awareness of spiritual forces at work.

霊的な力が働いている。

翼のような雲は、天使の存在を象徴しており、進むべき方向をさりげなく示しているのかもしれません。

牡牛座20度・No.50

牡牛座20度は、牡牛座第4グループです。牡牛座19度で根底から沸き起こる気持ちに従い、直感的にメッセージを感じ取るようになります。積極的に読み取ろうとするよりも、雲が流れるように静かに時を待つことで答えを見つけることが出来ます。

牡牛座20度・風雲急を告げる

5月9日前後

ディグニティ・デーカン

土星・射手座・山羊座

キーワード

直感。変化。チャンス。急ぐ。目に見えないもの。移り気。不安定。

対極サビアンシンボル

蠍座20度・2枚の暗いカーテンを引いている女性。

A woman drawing two dark curtains aside.

牡牛座20度の対極サビアンシンボルは、蠍座20度です。女性が引く暗いカーテンは、自我の見えない部分のこと。女性は自分の意思でカーテンを引くことから、意識的に必要な場所へ入ることが出来ます。

João BraunによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←牡牛座21度

牡牛座19度→

関連記事