toggle
2021-05-08

牡牛座19度・新しく出来た大陸

牡牛座19度・新しく出来た大陸は、牡牛座18度で思い切って不要なものを手放したことで、潜在意識に眠る新しい可能性に気付くことが出来た。新しく出来た大陸とは、当然ですが、埋め立て地などではなく、長い年月を掛けて出来た地球のサイクル、噴火によって出来たものです。牡牛座19度は、活動領域が広がったことを表します。衝動的に眠っていた意識の目覚めが起こるように見えるが、長い年月を掛けて蓄積されていたエネルギーが満を持して爆発し、新しい世界を創造しました。

物事を変えるためには、普通ではない大きな力が必要です。地球が壮大な力によって大陸を形成するように、個人の中にも同じ力が内在しています。私たちの世界は、それぞれの意思に適合するように完璧に創られています。個人の意思によって物質は絶えず変化をしており、その変化には限界がありません。変化は実にゆっくりで瞬間的なものです。視点を変えることで、物質世界と精神世界の両方と簡単につながることが出来るものです。自身の中の変化の表れが起こる。変容の始まりに過ぎないが大きな可能性を秘めているものたちです。牡牛座19度は、望んでいた変容が始まると考えます。自分の中に眠っている可能性を信じて進み始める。

牡牛座19度の「新しく出来た大陸」のようなことを私たちはいつも行っている。それに気付いているか、気付いていないかは関係なく。すべてがそのようなサイクルで活動している。それは、静かなようで、とても強いエネルギーで溢れている。

牡牛座19度サビアンシンボル・新しく出来た大陸

Wheeler&Jones

A newly formed continent.

新しく出来た大陸。

Rudhyar

A NEW CONTINENT RISING OUT OF THE OCEAN.

海から浮かび上がる新大陸。

The surge of new potentiality after the crisis.

危機の後、新しい可能性が高まる。

光が意識を浄化し執着から解放された時、無限の可能性(潜在意識)である海から新たな生命が生まれます。

牡牛座19度・No.49

牡牛座19度は、牡牛座第4グループです。牡牛座18度で断捨離を行った後、心の奥底から沸き起こって来る導きに従います。

牡牛座19度・新しく出来た大陸

5月8日前後

ディグニティ・デーカン

水星・射手座

キーワード

才能。可能性。進化。変容。環境。シフトチェンジ。停滞。

対極サビアンシンボル

蠍座19度・会話を聞いて喋るオウム。

A parrot listening and then talking.

牡牛座19度の対極サビアンシンボルは、蠍座19度です。周囲の人々の会話を聞いて、真似をするオウム。喋る鳥は可愛いが、内容まで把握しているのだろうか?人間で内容を把握せずに喋るとなると、フルトランスのチャネリングになるのだろうか。それとも、ただお喋りな人なのかもしれません。

SteppinstarsによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←牡牛座20度

牡牛座18度→

関連記事