toggle
2021-03-21

牡羊座1度・海から上がった女性をアザラシが抱き締めている

占星学では、北半球は春分点にあたる牡羊座サインに太陽が入った瞬間に新しい年が始まると考えます。占星学上のお正月です。毎年3月20日頃が牡羊座0度のタイミングです。サビアン占星術は、1度(各サインは1度から30度まで)から始まりますので、占星学での牡羊座0度はサビアン占星術での牡羊座1度になります。

牡羊座1度サビアンシンボル・海から上がった女性をアザラシが抱き締めている

牡羊座は1度は、キラキラとした新しいエネルギーに満ち溢れています。海は魚座の領域である潜在意識を表している。海から上がった女性は、誕生したばかりで意識や状況への認識が全くはっきりしておらず、ぼんやりしているか、漠然とした不安を感じているが、これから多くの可能性を秘めた、新しいサイクルが始まることを本能的に知っています。アザラシは海の中を自由に泳ぎ、陸上でも生活が出来る生き物です。牡羊座1度のアザラシの抱擁は、生まれたばかりの女性を新しい世界のすべてのものが歓迎していることを表しています。

牡羊座1度は、生まれたばかりで宇宙意識の愛の状態と考えます。生まれたばかりではなくても、過去の古いもの、感情を手放し、新しいものを受け取る準備が必要です。始まりと言うことは、人生に必要な新しい変化は既に起こっており、変化は目の前で待っています。心から望んだ変化であっても、変化に直面した時、恐れを感じてしまいますが、自分には新しい形を受け取る力があると信じます。

牡羊座1度サビアンシンボル・海から上がった女性をアザラシが抱き締めている

活動宮・カーディナルサイン

牡羊座は、カーディナルサインです。カーディナルサインとは、活発で積極的。内側に閉じこもるのではなく、外へ外へと自分を打ち出すエネルギーに満ちています。

Wheeler&Jones

A woman rises out of water, a seal rises and embraces her.
水から上がった女性をアザラシが抱き締めている。

Rudhyar

A WOMAN JUST RISEN FROM THE SEA. A SEAL IS EMBRACING HER. 
海から上がってきたばかりの女性を アザラシが彼女を抱きしめている。

Emergence of new forms and of the potentiality of consciousness.
新しい形の出現と意識の可能性。

牡羊座1度は、潜在意識の実現を目指します。普遍的な360度の循環プロセスの第一番目です。集合的な意識の海から抜け出し、個人の意識を持ちます。海に象徴される子宮や母体からの離脱や出現です。

牡羊座1度・No.1

牡羊座1度は、牡羊座第1グループです。牡羊座の第1グループは、12サインがスタートしたばかりですので、目に見えるものすべてが新鮮で驚きの中にあり、沸き起こる感情をどのように処理するか等の段階ではない。それでも、牡羊座第1グループの人が周りに与える影響は大きい。大人の方で誕生して直ぐの記憶がある方は少ないと思いますが、生まれたばかりの赤ちゃんの目には、きっと全てが不思議で新鮮に映ることでしょう。どのように自分の存在を表現するか?などを考えて行動するのではなく、ここでは、ひとまず右も左全くわからないけれど、ぼんやりと周囲を眺め反応や表現を感じます。

牡羊座1度・海から上がった女性をアザラシが抱き締めている

3月21日前後

ディグニティ・デーカン

火星・牡羊座

キーワード

目覚め・新しいエネルギー・スタート・意識・愛・不安定

対極サビアンシンボル

天秤座1度:完璧な蝶の標本

A butterfly made perfect by a dart through it.

牡羊座1度の対極サビアンシンボルは、天秤座1度です。天秤座1度では、蝶は標本と言う形で人々の視線を浴びる。牡羊座1度は、魚座の領域である潜在意識の無意識の海から、母なる子宮を通り自我に目覚める。

A_Different_PerspectiveによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←牡羊座2度

魚座30度→

牡羊座サビアンシンボル

関連記事