toggle
2021-07-07

蟹座16度・巻物を持って広場の前にいる男性

蟹座16度のサビアンシンボルは、蟹座15度で日々の生活の中で楽しみを感じた後、広場と言う現実世界で精神的な安定を見付けようとします。巻物を持って広場の前にいる男性は、古書の助けを借りて曼荼羅の研究をしています。曼荼羅には、過去の人々が残した真実が残されており、研究をすることで人生に対する疑問の答えを得ることが出来るのです。蟹座16度は、心に描いているイメージを現実的な形にしようと努めます。楽しいだけの世界に生きるのは止めて、地に足を着けて生きようとします。それには、精神的な安定も必要となりますが、心の世界を探求することで解決へ向かいます。様々な人の価値観を理解しようとすることで、最終的に自分への理解へ繋がります。

蟹座16度サビアンシンボル・巻物を持って広場の前にいる男性

Wheeler&Jones

A man before a square with a manuscript scroll before him.

巻物を持って広場の前にいる男性。

Rudhyar

A MAN STUDYING A MANDALA IN FRONT OF HIM, WITH THE HELP OF A VERY ANCIENT BOOK.

男性は非常に古い書物の助けを借りて曼荼羅の研究している。

A deep concern with problems raised by the process of personality integration.

人格統合の過程で生じる問題への探求心。

蟹座16度・No.106

7月7日

蟹座16度・巻物を持って広場の前にいる男性

蟹座16度は、蟹座第4グループです。蟹座15度で日常の生活の楽しみを体験し内外の統合に努めます。

ディグニティ・デーカン

冥王星・山羊座

キーワード

克服。集中力。教訓。合理的。インスピレーション。努力。利用。

対極サビアンシンボル

山羊座16度・体操着の少年少女。

Boys and girls in gymnasium suits.

蟹座16度のサビアンシンボルは、山羊座16度です。体操着の少年少女は、活動的で無邪気に感情を解放します。

DevanathによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←蟹座17度

蟹座15度→

関連記事