toggle
2021-06-21

蟹座1度・船員が揚げる古い旗と新しい旗

太陽が蟹座0度に入った瞬間、夏至となります。2021年は、12:33夏至のタイミングになります。梅雨時で夏本番前の夏至ですが、この辺りから昼間の時間が短くなって行きますね。蟹座は、周囲との共存を目指すサインです。双子座で培った個人の知性を伸ばすことは止めて、集団意識や帰依を求めます。そんな蟹座1度のサビアンシンボルは、双子座30度の海岸で人々の注目を集める美女たちを吸収し、皆を乗せる船旗となります。身近な人々と仲間意識を強めようと働きかけます。旗を揚げることで蟹座の意思が明確になります。

蟹座1度は、身近な人々の意識を大切にすると考えます。身近な人々の考え方を大事にすることは、結果的に自分の立場を安定させることに繋がります。蟹座は自分よりも他者と同化することで安心感を感じます。

蟹座1度サビアンシンボル・船員が揚げる古い旗と新しい旗

Wheeler&Jones

A furled and unfurled flag displayed from a vessel. 

船に揚げられる、巻き上げられた旗と広げられた旗。

Rudhyar

ON A SHIP THE SAILORS LOWER AN OLD FLAG AND RAISE A NEW ONE.

船員が古い旗を降ろして新しい旗を掲げる。

A radical change of allegiance exteriorized in a symbolical act: a point of no return.

象徴的な行為の中で忠誠心が変化する。

蟹座1度・No.91

蟹座サインは、個人よりも共存や集団意識を大事にし、他者にも集団的価値観への帰依を求めます。

蟹座1度・船員が揚げる古い旗と新しい旗

6月21日前後

ディグニティ・デーカン

月・蟹座

キーワード

柔軟。適応。変化。シフトチェンジ。転換点。仲間。反逆。

対極サビアンシンボル

山羊座1度・承認を求めるインディアンの酋長。

An Indian chief demanding recognition.

蟹座1度の対極サビアンシンボルは、山羊座1度です。承認を求めるインディアンの酋長は、プライドも高く積極的なため敵も作ります。

rujhan_basirによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←蟹座2度 

双子座30度→

関連記事