toggle
2021-06-23

蟹座2度・広大な平地に吊るされた人

蟹座2度のサビアンシンボルは、蟹座1度で船の旗が巻かれたり広げられたりする過程で身近な人々の価値観を受け入れた後、高い場所から広がる集団意識を眺めます。広大な平地に吊るされた人とは、自らの意思で魔法のじゅうたんに乗った人であり、他者の価値観や意識を客観的に眺めます。それぞれの価値観は微妙に違いはあるものですが、集団意識に従属し、安心する部分がある。

蟹座2度では、すべてを理解することは出来ないが、集団に帰依することによって手に入れた視点を感じ取ることが出来ます。全体性を意識して、人々への貢献や役出すことを探し求めます。

蟹座2度サビアンシンボル・広大な平地に吊るされた人

Wheeler&Jones

A man suspended over a vast level place.

Rudhyar

A MAN ON A MAGIC CARPET HOVERS OVER A LARGE AREA OF LAND.

魔法のじゅうたんに乗った人が広い区域を飛び回る。

The ability to expand one’s consciousness by stabilizing one’s point of view at a higher level.

自分の視点をより高いレベルで安定させ意識を拡大する。

蟹座2度・No.92

蟹座2度は、蟹座1度の船で大きな価値観に従い視野を広げます。

蟹座1度・広大な平地に吊るされた人

6月23日前後

ディグニティ・デーカン

月・蟹座

キーワード

観察。信頼。希望。居場所。全体像。創造力。協調。無責任。

対極サビアンシンボル

山羊座2度・ひとつ破損している、ステンドグラスの3つ窓。

Three staind-glass windows, one damaged by bombardment.

蟹座2度の対極サビアンシンボルは、山羊座2度です。ひとつ破損している、ステンドグラスの3つ窓は、精神的なショックを受けることによって現実を直面します。

Free-PhotosによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←蟹座3度 

蟹座1度→

関連記事