toggle
2021-06-23

蟹座2度・広大な平地に吊るされた人

蟹座2度のサビアンシンボルは、蟹座1度で身近な人々の価値観を受け入れた後、高い場所から広がる集団意識を眺めます。広大な平地に吊るされた人とは、自らの意思で魔法のじゅうたんに乗り、高い位置から全体を観察することです。他者の価値観や意識を客観的に眺めることで、それらを吸収して行きます。それぞれの価値観は微妙に違いはあるものですが、集団意識に従属し安心する気持ちが強い傾向がある。蟹座2度のサビアンシンボルは、既存のものを受け入れ安心感を得ると考えます。意識を拡大することによって、今まで見えて来なかったものが理解できるようになります。対極サビアンシンボル山羊座2度「ひとつ砲弾で破損しているステンドグラスの3つ窓」の影響もあり、伝統的なものや既存のものに縁がある。全体性を意識する。

蟹座2度サビアンシンボル・広大な平地に吊るされた人

Wheeler&Jones

A man suspended over a vast level place.

Rudhyar

The ability to expand one’s consciousness by stabilizing one’s point of view at a higher level.

自分の視点をより高いレベルで安定させ意識を拡大する。

蟹座2度・No.92

蟹座2度のサビアンシンボルは、蟹座第1グループ2番目の度数です。蟹座2度は、 既存のものを受け入れ安心感を得ます。

蟹座1度・広大な平地に吊るされた人

6月23日前後

クオリティ

カーディナル

エレメント

ディグニティ・デーカン

月・蟹座

キーワード

観察・信頼・希望・居場所・全体像・創造力・協調・無責任

対極サビアンシンボル

山羊座2度:ひとつ砲弾で破損している、ステンドグラスの3つ窓

Three staind-glass windows, one damaged by bombardment.

蟹座2度の対極サビアンシンボルは、山羊座2度です。ひとつ砲弾で破損している、ステンドグラスの3つ窓は、周囲と衝突することがあっても、自分を信じて頑張り続けると考えます。

スクエア(90度)サビアンシンボル

天秤座2度:6番目から7番目の光に変わる

牡羊座2度:仲間を楽しませるコメディアン

Free-PhotosによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←蟹座3度 

蟹座1度→

関連記事