toggle
2021-11-25

射手座4度・歩みを学ぶ小さな子ども

射手座4度のサビアンシンボルは、射手座3度で理論的に戦略を考え、それを実践して行こうとします。歩みを学んでいる小さな子どもは、親のサポートを受けながら、自発的に歩くことを覚える時期に来ていることを表しています。信頼できる大人に見守られながら、自立して行くのです。その過程では、子どもだけではなく、親である大人も同じように成長して行きます。射手座4度のサビアンシンボルは、互いの依存性を克服するため、積極的に挑戦すると考えます。小さな子どものサビアンシンボルであることから、周囲の人に対しても影響を与える不思議な魅力を持つ。対極サビアンシンボル双子座4度「柊と宿木」の影響もあり、自分以外の誰かを応援したり、励ますことで、自分も成長をして行きます。

射手座4度サビアンシンボル・歩みを学ぶ小さな子ども

Wheeler&Jones

A little child learning to walk.

歩みを学んでいる小さな子ども。

Rudhyar

The natural assistance of superior powers during crises of growth.

成長の危機には優れた力の自然な援助が必要です。

射手座4度・No.244

射手座4度のサビアンシンボルは、射手座第1グループ4番目の度数です。射手座4度は、向上心があり果敢に挑戦します。

射手座4度・ 歩みを学ぶ小さな子ども

11月25日前後

クオリティ

ミュータブル

エレメント

ディグニティ・デーカン

木星・山羊座

キーワード

援助・自立・自発的・試行錯誤・影響力・挑戦・着実性

対極サビアンシンボル

双子座4度:柊と宿木

Holly and mistletoe.

射手座4度の対極サビアンシンボルは、双子座4度です。柊と宿木は、 情感的に人間性を楽しみます。

スクエア(90度)サビアンシンボル

魚座4度:狭い地峡の大渋滞

乙女座4度:白人のこどもたちを遊ぶ黒人の子ども

総合サビアンシンボル

双子座4度:ヒイラギとヤドリギ

Joshua ChoateによるPixabayからの画像

サビアンシンボルとは

←射手座5度

射手座3度→

関連記事