toggle
2021-05-01

ボイドタイム

ボイドタイムと言う言葉を「新月の願いごと」で知った方も多いかもしれませんね。なんだかよくわからないけれど、避けた方が良さそうなボイドタイム。西洋占星学では、月が次の星座に移る間の時間のことです。ボイドタイム中は、誰もが情緒不安定になりやすく、誤解や判断ミスを起こしやすいため、自分にとって重要なことは行わないよう注意を払う必要がある。と天才占星術家のウィリアム・リリーが定義し、占星学者たちによって研究されたものです。

ボイドタイム

ボイドタイムの考案者

ボイドタイムは、17世紀の天才占星術家のウィリアム・リリー(1602-1681)が定義されました。ウィリアム・リリーは、ホラリー占星術(Horrary Astrology)を考案したことでも有名ですが、相手との意思の疎通が取り難くなることを発見と研究され、ボイドタイム(Void of Course of the Moon)と呼んだことが始まりです。その後、多くの占星家たちによって研究され確立されました。

ボイドタイムと月のアスペクト

ボイドタイムとは、約2日半毎にひとつのサインを移動する月が、次の星座に移動する間の時間のことで、最後に他の天体とタイトなメジャーアスペクトを作った瞬間から、次のサインに入るまでの間のことを言います。次の星座に入った瞬間にボイドタイムは終了します。ボイドタイムの時間は短い時は数分で終わることもあります。

※メジャーアスペクトとは、0度、90度、180度、60度、120度のことです。ボイドタイムがメジャーアスペクトだけの理由は、ボイドタイムが定義された当時、他のアスペクトが存在しなかったためです。

ボイドタイムの影響

ボイドタイムのボイド(void)とは、「空虚、空白、無効」を意味し、ボイドタイムに行ったことは、信じる信じない関係なく、すべての方に影響があると言われます。

ボイドタイム中は、目的が達成されにくいと言われます。例えば、ボイドタイム中に仕事の打ち合わせをしてしまうと、思うように話が進まなかったり、日を改める必要が出て来る。美しいサンセットを見るための旅行もボイドタイムに出発してしまうと、旅行の一番の目的である美しいサンセットを見ることは出来ない等です。これらのことから、タイミングを選べるであろう、引っ越しや愛の告白なども避けた方が良いでしょう。
また、ボイドタイム中は、勘違いが起こりやすかったり、直感が冴えたように感じるそうです。突然、インスピレーションを受け取り最高と感じるものを創ったが、ボイドタイムが明けて我に返り、すべて没になったなどです。

ボイドタイムの過ごし方

ボイドタイム中は、可能な限り普段通り過ごす必要があります。ボイドタイムだからと言って、過敏に注意を払う必要ははありませんが、月の影響を受けやすい時間ですので、情緒不安定になったり、勘が冴えたように感じられ、判断ミスを起こしやすいため、自分にとって重要なことの決定や判断を行わない方が良いとされています。

ボイドタイムと新月の願い事

新月の願いごとは、アメリカの占星家ジャン・スピラーが考案したもので、新月のタイミングから8時間以内(最大48時間以内)に、各々の願いごとを手書きで断定的に書くことで、月が満ちるタイミングで願いが叶うと言われています。そして、ここでも、ボイドタイムが重要視されています。願いを宇宙に放つタイミングがボイドタイム中ですと、無効となる可能性が高いからと言う理由のようですが、個人的に願いごとを書く行為は、ボイドタイムを気に掛ける必要は感じませんが、気になる方はボイドタイムを意識されてください。

ボイドタイムの体感

ボイドタイムと言っても、月がどのサインにあるか、どの天体とアスペクトを作るかによって感じ方が変わります。例えば、魚座は12星座を包括するサインですので、潜在意識や直感からのメッセージを受け取りやすいのですが、魚座のボイドタイム中は、サインの要素が強く出過ぎてしまい、人によっては、ぼんやりと直感の冴えなさを感じてしまうこともあるでしょう。そして、魚座のボイドタイムが終わり、次の牡羊座へ入った瞬間、気持ちがシャキッと切り替わる感覚を感じることができます。興味のある方は、自分の感覚を観察してボイドタイムを体感してみてくださいね。

ボイドタイムまとめ

ボイドタイムについてお分かりいただけましたか。星の流れを人生に取り入れ開運するためには、調子が良い時期だけではなく、不調な時期も知っておく必要があります。日頃から神経質にボイドタイムを気に掛けて過ごす必要はありませんが、自分にとって重要なことを行う際は、取り入れてみましょう。ただし、大事な事をスタートさせる時などは、ボイドタイムも大事ですが、ご自身の運勢を知っておくことが大事です。自分自身への理解を深め、運を味方につけて、日々を創造して行きたい方はセッションをご依頼ください。

関連記事