toggle
2019-09-09

Osho禅タロットカード 「Ⅴ.NO THINGNESS(無)」の解説

Tomocoです。「THE REBEL(反逆者)」の次は、「 NO THINGNESS(無)」 です。

タロットカードリーディングで、こんな真っ黒に塗り潰されたタロットカードが出て来たら、お先真っ暗なのかとショックを受けて泣きそうになってしまうかもしれません。こんなことでは泣きませんが・・ 「 NO THINGNESS(無)」 は、警告を意味するタロットカードではないので、安心してください。

Osho禅タロットカード 無
Copyright © 2019 OSHO International Foundation

「 NO THINGNESS(無)」 は、静寂な空間に宿る純粋な意識を表すタロットカードです。純粋意識は無口なので、今回は文字数少な目です。

Osho禅タロットカード「NO THINGNESS(無)」の解説

・「NO THINGNESS(無)」に描かれているもの

何も描かれていないので、一見すると不気味にも感じますが、何も無いのではなく全ての始まりが描かれています。

・数字「Ⅴ」の象意

「5」は、自由と変化。五感。五芒星。水星の知性とコミュニケーション。

・ Osho禅タロットカード 大アルカナ「NO THINGNESS(無)」 の解説

「 NO THINGNESS(無)」 は、大アルカナ5番目のタロットカードです。 「4」の安定から変化を求め始める数字です。ただし、その変化は安定の基盤の中での変化なので、完全な自由ではありません。

大宇宙から小宇宙が生まれる瞬間は、きっとこんな感じだったのでしょう。 静寂とは形のないものです。 静寂と静寂の間にあるもの、正確にはものではありませんが、 その間に言葉を超えた何かがあるのは皆、感じることが出来るでしょう。 そこには純粋な意識が潜んでいる。潜んでいるのではなくて在る。

・「Ⅴ.NO THINGNESS(無)」のリーディングメッセージ

カードリーディングで 「 NO THINGNESS(無)」 が登場した時は、リーディングの題の中で、気付いていない事柄、気付いているけれど完全に目を背けている事柄があることを伝えられています。

気付くべき事柄はネガティブな事ばかりではなく、あなたの可能性であることも多いでしょう。自分で自分の限界を決めていませんか。自分はあの人のようには出来ない。自分には能力が無いと思うことはないでしょうか。あなたの中にある完全な意識に焦点を合わせましょう。長所も短所も比較なども必要なく、あなたの全てを拡大させるだけで良いのです。

・ウェイト版タロットカード「THE HIEROPHANT(法王)」との比較

タロットカード 法王
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

「THE HIROPHANT(法王)」と、 「 NO THINGNESS(無)」 の共通点は純粋な意識です。弟子たちに精神的な指導を行う法王は、自身の信じているものに信頼を超えたもの、絶対的な答えがあることを知っています。法王は答えに触れたものです。自身も純粋意識の一部なのだと悟っているのです。

・リーディングケース 恋愛&人間関係

恋愛相談で気になる相手の気持ちをリーディングする際、「 NO THINGNESS(無)」 が登場したらビビりますね。 仮にワンカードで 「 NO THINGNESS(無)」 が登場した場合、頑張ってリーディングをしても恋愛の始まりとは読めません。ほぼ無意識。まだ、何も始まっていない状態。

人間関係であっても、根本的な部分から自身の変革や仕切り直しが必要だと落とし込む必要があるでしょう。ただし、どちらもポジティブ過ぎてもいけませんが、ネガティブに受け取る必要はありません。

・まとめ・注意点

「 NO THINGNESS(無)」を読まれても、メッセージもぼんやりとしていて、掴みどころがないと感じられてしまうかもしれません。解説が解説になっていないのは、純粋意識はこの世のものではないので、この世の言葉で的確に表現することが出来ないからです。掴みどころがないけれど、何か知っている感覚があるのは、私たちが日常的にそれに触れているからだと言えます。

関連記事