toggle
2019-09-15

四柱推命の十二運・帝旺の話

今日は、四柱推命の十二運・帝旺(ていおう)についてです。

こちらのサイトから自分の命式を出すことが出来ます。
あなたの命式に「帝旺」はありますか。

帝旺は、「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶」とある地支星七番目の星です。帝旺と言う名の通り王の星と言われる帝旺ですが、帝旺の後には衰(衰・エネルギー量は少ないが悪いという意味ではない。シンプルに少ない。)が控えているため、手放しで王座に喜ぶことはできませんが、(勢いが良いので、慎重さが必要と言う意味です。)十二運 の中で最も力のある星です。

十二運・帝旺は力があるため、上記のように命式に帝旺を持つ人は良い意味でも、悪い意味でも目立ちます。個我が強まるため、若干の強引さも持ち合わせており、周囲の人への影響力も強めです。そんな帝旺を上手く使うことが出来ていない場合、自身の主軸を掴めず、足元おぼつかず、運命に翻弄されているような印象を受けてしまうこともあります。

このような帝旺の強い性質から、女性で帝旺を持っている場合、帝旺にあまり良い印象を持たれていない方がいるのですが、帝旺の持つ強いエネルギーを上手く使うことで自身の性質の特徴を活かすことが出来るようになります。もちろん、これは、帝旺に限らず、どの星も言えることですね。

では、帝旺の強さを上手く使うために何をしたら良いのか?それは、帝旺のついている変通星の特徴を掴むことが大事になりますが、帝旺は外へ打ち出す力の強い十二運であるため、それぞれの変通星の力を強めます。例えば、比肩星に帝旺がつく場合、自我が強まり勝気になる傾向がありますが、その性質を上手く活かすよう意識すると社会的に伸びるでしょう。財星に帝旺がつく場合、劫財的要素が加わりますので、お金の使い方に注意しなければなりません。官星に帝旺がつく場合、指導者等の人の上に立つ傾向があり、比肩星の場合と同じく、ご自身の性質傾向を見極め、方向性を定めて行けば力になるでしょう。

印星の場合、徹底して追及する傾向が強まり、自身の本当に好きなこと、興味のあることを見極め、追究して行くと良いでしょう。好きなことは、どのようなことでも良いのです。このような時、自分の本当に好きなことではなく、お金になるかどうか?に主軸を置いて考えてしまう方がいるのですが、まずは、お金になるかどうかは考えずに、「好き」だけを追求することが大事です。少しでもお金を稼ぐことに主軸を置いてしまうと本当に好きなことを見失ってしまうでしょう。必要ならば、お金は後でついて来ますので、あなたの中の「好き」を探して帝旺を活かしてくださいね。

関連記事