toggle
2019-07-05

Osho禅タロットカード「Ⅱ.INNER VOICE(内なる声)」

宇宙の全てはわたしであることを知った「EXISTENCE(存在)」は、内なる声に耳を傾けます。Osho禅タロットカード、2番目は「INNER VOICE(内なる声)」です。

osho禅タロットカード innner voice
Copyright © 2019 OSHO International Foundation

Osho禅タロットカード 大アルカナ 「 Ⅱ.INNER VOICE(内なる声) 」の考察

Osho禅タロットカード 大アルカナ 「 Ⅱ.INNER VOICE(内なる声) 」 に描かれているもの

目を閉じて宇宙に繋がる三日月の冠をかぶる女性。女性の一部である正面を見据える神託・内なる声が印象的です。若草模様の着物は彼女が空想の世界に浸っているのではなく、地球にしっかりと根ざしていることを表しています。

静かに座る女性を取り囲むのは、きらめく感情の海で遊ぶ二頭のイルカたち。彼らは海だけではなく、創造と繋がる宇宙や女性の感情や思考の海を泳ぐことが出来ます。

優しい色の空は、女性の住む世界がポジティブなエネルギーに包まれていることを表しています。

陰陽が表現されている白と黒の手で持つものは、二元性を超えた明らかな真実を表現している水晶。

自分のために何かしようとしていない天地の間で、あるがままの姿でいると言うことは、彼女が内なる声との対話が出来ていると言うことです。

数字「Ⅱ(2)」の象意

「2」は円を直線で分割した形。二極対立した丸で表されます。

Osho禅タロットカード 「INNER VOICE(内なる声)」から見えて来るもの

「INNER VOICE(内なる声)」は、大アルカナ2番目。
 何もない「0」から「1」が生まれ「2」へと続く。対極する2つから光と影が生まれ、比較が始まる。私たちはその世界から逃れることはできません。それが生であり、喜びもまた生じ得る幻想の世界だからです。

この世界はゲームであり幻想であることを知るためには、真理を知る必要があります。真理を知ることが出来れば、全てが真理から始まり、真理に終わることを深い安寧のもとで知ることができます。そこへ行くために、瞑想によって内なる声と繋がる必要があるのです。

タロットカードに描かれている女性は、相対する意識の世界で見事にバランスを取っています。彼女が特別に選ばれた人間だからではなく、自己鍛錬の末、深い瞑想の中で融合地を体現したからです。彼女はただ黙って座っているだけではなく、イルカのように人生を楽しんでいます。誰かは瞑想の中で生きるなんて不可能で恐ろしいことだと思うかもしれませんが、それは可能なことなのです。

タロットカードリーディングで「INNER VOICE(内なる声)」 が登場した時は、ポジティブ、ネガティブとわけるのではなく、立ち消えてしまう可能性がある出来事への警告だと捉え、目の前の物事に注意を払う必要があると受け取ると良いでしょう。もし、なにか決断しようとしていることがあるのなら、 一旦、立ち止まって考え直すのも良いでしょう。計画の注意ではなく、急いで答えを出さないようにと言うことです。

逸る感情を止めるのは、難しいと感じることがありますが、内なる声の言葉を聞くことが、今のあなたには重要なことのようです。内なる声の言葉を聞くためには瞑想が適しています。しかし、人生にアクシデントが起こった時にのみ助けを求めるのではなく、物事が順調に進んでいる時でも宇宙との信頼関係を築きましょう。そうすることで、あなたの世界の全てが真実になります。

ウェイト版タロットカード「女教皇(THE HIGH PRIESTESS)」との比較

ウェイト版タロットカードの 「THE HIGH PRIESTESS(女教皇)」
Osho禅タロットカードと重なる青い衣装を着た女性。ドレスの足元には波に絡む三日月。二元性を表す白と黒の柱が描かれています。

感情を表す水色の美しい衣装に包まれ、椅子に腰かけている女性は女教皇。優しい眼差しの女性は全てを見通す力を持っていますが、謙虚な姿勢を忘れてはいません。とても素敵な女性です。手に持つ聖書は女性が高潔であること、今もまだ神の教えを信頼し学び続けていることを表しています。

女性の背後に掛かっている熟れたザクロのタペストリーが、善と悪、アダムとイブの物語を表現しており、 「THE HIGH PRIESTESS(女教皇)」 のタロットカードの物語が次に控えている「 THE EMPRESS (女帝) 」へ続いて行くことを教えています。(女教皇がザクロの世界を知ると言うことではありません。)

「THE HIGH PRIESTESS(女教皇)」 は、冷静であることを失わないこと。偽っていること、隠されている事実があること。気付いていない事柄に注意を払うことを教えてくれています。タロットの絵柄からも、如何にもそんなイメージがしますよね。そう思うのは私だけでしょうか?

「INNER VOICE(内なる声)」も伝えている意図は同じで、立ち止まること、感情の暴走を止めることを割と強めに教えてくれています。それは、このタロットカードが大アルカナだからです。人の感情は暴走しやすく、判断を誤りやすいものですが、それらを軽く見ていると大失敗を招くことがあります。冷静であることって本当に大事です。

リーディングケース・人間関係

職場の上司が苦手。上司が異動してくれないか。この関係がどのようになるか。

「INNER VOICE(内なる声)」は、 物事を狭い観点だけで見ていないか注意を促しています。同じ職場で働く仲間は、 互いの魂を成長させるために出会っています。そりの合わない相手を批判や排除して自分を守り固めるのではなく、自分を含めた、すべての出来事から学ぶ時です。少し受け入れがたいメッセージかもしれませんが、これらが腑に落ちた時、状況が変わると「INNER VOICE(内なる声)」は伝えています。

リーディングケース・恋愛

お付き合いしている方が元恋人と連絡を取り合っている。
二人は復縁をしてしまうのか。

「INNER VOICE(内なる声)」は、内なる声に耳を傾けるよう促していますが、このパターンの場合、不安は幻想の世界に存在していることを伝えています。ご相談内容がすべて事実に基づいたものなのであれば、不安になるのは当然ですが、事実ではないことも混在しているようです。あなたが愛されたいように愛を求めるのではなく、恋人のことをよく愛する必要がありそうです。

Osho禅タロットカード 大アルカナ 「 Ⅱ.INNER VOICE(内なる声) 」まとめ&注意点

Osho禅タロットカードは、度々「INNER VOICE(内なる声)」へ耳を傾ける必要があることを伝えて来ます。いくら外側の何かへ答えを求めたとしても、欲しい答えは内側にあると言うことです。不思議なOsho禅タロットカードに惹かれたと言うことは、あなたの中、この事実を知っているあなたが在るからなのです。瞑想は直感の声を聞くために有効な手段ですが、「INNER VOICE(内なる声)」を聞くためではなく、ありのままの自分に戻るために行うことが出来たなら、淡く儚い二元性の幻想を超え、あなたの世界が根本からが変わって行くでしょう。 自分自身への理解を深め、運を味方につけて人生を創造して行きたい方はセッションをご依頼ください。

関連記事