toggle
2019-02-10

Osho禅タロットカード 「Ⅰ.EXISTENCE(存在) 」

何ものでもなかった魂の「THE FOOL(愚者)」は、唯一無二のわたしを知ります。Osho禅タロットカード1番目は「EXISTENCE(存在)」です。

osho禅タロットカード Existence
Copyright © 2019 OSHO International Foundation

Osho禅タロットカード の大アルカナ 「Ⅰ.EXISTENCE(存在) 」の考察

「EXISTENCE(存在) 」に描かれているもの

星空に浮かぶ大きな蓮の葉に女性が座っています。蓮の葉は大我を女性は宇宙原理の最初の衝動、他者との間に境界等ないことを表します。

何処までも広がる宇宙は、この瞬間が完璧で何一つ欠けたものがないことを表しています。

数字「Ⅰ」の象意

「1」は、中心点のある円。中心の点と外側の〇は同じもの。中心点が広がったものが〇です。占星学では宇宙創造の源である太陽記号「☉」で表されます。

・Osho禅タロットカード の大アルカナ 「EXISTENCE(存在) 」リーディングメッセージ

「EXISTENCE(存在) 」 は、 大アルカナ1番目のタロットカードです。有でもない無でもない「0」から、完全なる宇宙の意思のもと創造の「1」が始まりました。宇宙は唯一無二のわたしから始まります。女性は創造の象徴ですが、何も身に着けていない誕生したばかりです。彼女は宇宙に自分を生み出しました。まだ、自分以外の誰かを認識する段階ではありません。女性は何処までも広がる宇宙を眺め、煌めく星たちに希望を伝えます。

タロットカードリーディングで 「EXISTENCE(存在) 」 が登場した時は、あなたを含めたすべてのものが、「存在」と繋がっていることを思い出しましょう。あなたは既に広い宇宙の一部であり、宇宙そのものです。あなたは世界の全てなのだと言うことを思い出しましょう。ネガティブな意味と取る場合、宇宙の調和と切り離された状態となっていることを告げています。あなたにとって面白くない出来事が起こっているなら、あなたの中にあるものを見つめる必要があります。

ウェイト版タロットカード「THE MACICIAN(魔術師)」との比較

タロットカード 魔術師
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

ウェイト版タロットカードの 「THE MAGICIAN(魔術師)」に描かれている人物は、才気あふれる錬金術師です。彼はタロットカードの四元素(ワンド・カップ・ソード・ペンタクルス)をテーブルに並べ、あらゆるものを創造します。錬金術の儀式は日常的なものですが、純潔な薔薇と百合が象徴するように、我欲に満ちたものではありません。

「EXISTENCE(存在) 」 もまた、何も無いところから世界を創造するポジティブなエネルギーに満ち溢れています。 「THE MACICIAN(魔術師)」 との違いは、彼女が何も身に着けていないことですが、創造と言う意味では、これらは大した違いではないと考えます。

リーディングケース 恋愛

「EXISTENCE(存在) 」 が登場した時は、恋人との新しい展開がやって来ていることを伝えています。しかし、あなたの中の不安が大きければ、新しい展開が期待している程のものではないか、期待外れだったことになるでしょう。不安を創造してしまうことがないよう誠実に行動することが大事ですが、自分自身を含めた、周囲の人々とのコミュニケーションを大切にすることで道が開いて行くでしょう。

リーディングケース 仕事

「EXISTENCE(存在)」 が登場した時は、新しい分野(興味のある事柄)へ挑戦する時が来ています。興味のあることの情報収集を始める等、直感的に動くと良いでしょう。何か温めていることがあれば積極的に動くのも良いですが、慎重に行動しましょう。

まとめ&注意点

「EXISTENCE(存在)」 は創造の根源を意味するタロットカードです。
「THE FOOL(愚者)」より具体的ですが、始まりや創造と言う意味ですので、安定や完成には遠い(時間が掛かる)タロットカードです。まだまだ不安定な状態、これから努力が必要な段階ですので、絵柄の綺麗さからポジティブに捉え過ぎないように注意が必要です。自分自身への理解を深め、運を味方につけて人生を創造して行きたい方はセッションをご依頼ください。

関連記事