toggle
2022-06-16

バイア・コンバスタ

天体が天秤15度~蠍15度までの間にあることをバイア・コンバスタ(焼失の道、Via Combusta)と言います。諸説ありますが、バイア・コンバスタとは古代の錬金術用語だとも言われており、ホラリー占星術では、月がバイア・コンバスタにある場合、ボイドタイムと同じように扱います。ボイドタイムとは月がサインを移動する間の時間のことですが、バイア・コンバスタと同様、この間は占いを行いません。

バイア・コンバスタの意味は様々なのですが、天秤15度~蠍15度が、個である牡羊座から一番遠く、個人を超えて他者と深くかかわって行く場所にあたるため、自分の思い通りにいかない葛藤を感じると言われていたり、サインと身体の位置関係で見た場合、ちょうど生殖器にあたる場所となるため、女性の月のサイクルと結びつき流血する結果となるとも言われます。バイア・コンバスタの間は、傷心や感情的になると言われるのもこの部分からでしょう。

バイア・コンバスタ(天秤15度~蠍15度)の季節

日本では、天秤15度~蠍15度までの時期(10月中旬~11月上旬)は、秋が深まり人肌恋しくなる季節ですね。すべてのサインが統合された魚座の世界から誕生した牡羊座の魂は、自分であることに喜びを感じ生き天秤座で他者と出会います。そこで、自分中心だった視野が広がり、新しい世界が広がって行くのですが、月がバイア・コンバスタの時は、悪あがきしがちな傾向が目立ちます。自分の思い通りにならないため、なんとしても頑張ってしまう。しかし、個である自分が他者との違いを一旦受け入れることが出来れば、葛藤や争いは起こらず、新しい世界に到達できるのではないでしょうか。バイア・コンバスタとは、自我の焼失と考えると何も怖れる必要はありませんね。

バイア・コンバスタ
AndreasによるPixabayからの画像
関連記事