toggle
2019-10-05

Osho禅タロットカード「Ⅵ.THE LOVERS(恋人たち)」

「 NO THINGNESS(無)」 から「THE LOVERS(恋人たち)」へ世界は変わります。大きな赤いハートと薔薇に包まれた向き合う男女が印象的なタロットカード 。「恋人」のタロットカードは、その言葉のイメージから、幸せな恋愛関係の到来を意味すると思われがちですが、安易に「恋人」から連想される印象に引っ張られないよう注意しなければいけない一枚だと思います。考えてみると、恋愛は幸せなことばかりではありません。もちろん、幸せを分かち合うことや、安心感は得られますね。しかし、恋人がいるからこそ、苦しくなったり、悲しくなったり悩むこともあり、別れてから自由や解放を経験をされた方も多いでしょう。そういう意味では、要注意な(読み難い)一枚だと思います。

osho禅タロットカード 恋人たち
Copyright © 2019 OSHO International Foundation

Osho禅タロットカード「Ⅵ.THE LOVERS(恋人たち)」の考察

・「Ⅵ.THE LOVERS(恋人たち)」に描かれているもの

・キラキラの星が散りばめられた、ツタンカーメンのような髪型をした向き合う男女。よく見ると・・よく見なくても、二人は見分けがつかないくらい同じ顔をしています。険しい表情をしているのが気になりますね。

・中心には、三角を重ねて出来た十芒星が描かれています。4つの三角は、 4元素「火・水・雲・虹」を表し、彼らが調和が取れていることを表しています。このカードの数字が「6」ではなく「10」であることは、陰と陽が交わることで新しいサイクルが生まれることを示しています。

・赤いハートに翼が付いているのは、愛は制限されたものではなく、常に自由であることを表しています。天使の羽のような翼ではないところがリアルですね。

・二人を囲むように咲く薔薇には棘があります。赤い薔薇は情熱を表しています。

・数字「Ⅵ」の象意

「6」は、創造の「3」が2つ合わさった陰と陽の融合、六芒星で表されます。 六芒星は、天上界から地上へ流れる創造のエネルギー。中心は不滅の自我アートマン。調和とバランス。

・Osho禅タロットカード 大アルカナ「Ⅵ.THE LOVERS(恋人たち)」リーディングメッセージ

恋愛は、頭で考えるものではなくハートで感じる本能的なものです。私たちが恋愛だと考えるものは欲である。と言うと身も蓋もない話ではないか・・と、怒りがわいて来るかもしれませんが事実なのです。素敵な恋人たちの恋愛ソングよりも、失恋ソングの方がヒットしますよね。何故だか意味はわかりますか?

oshoは愛の中でも恋人間で繰り広げられる恋愛は、本能的なエゴに基づいた低い愛であるが、魂の成長と共に心の深い部分から相手を尊重し合うことが出来るようになり、最も高い愛に到達できると伝えています。実際、真我を知るためには、欲は超えなければなりません。そこに安心や快楽を求めるのは、いくら綺麗な言葉を並べてもエゴでしかないからです。観察と共に瞑想を行うことで本当の愛に気付くことが出来るのですが、それならば悟りなど要らないと言う方の多いこと・・ 理解する準備が出来ていない人にエゴの仕組みをお伝えするのは難しく、言葉の深い意味を理解しようとせず、端的に捉えて憤慨する方がいるのが現状です。恋愛を否定しているのではありません。 しかし、愛であれば我欲に支配されるのではなく、恋人に映し出される自分自身に気付き、学びを深めること。そうしなければ、いくら恋人を変えても同じことを繰り返すと言うことです。

こちらのタロットカードは、直感的に恋愛成就や恋人の出現と読む場合もありますが、薔薇色の恋愛一色ではなく、「選択」として捉えた方が良いでしょう。それも、少し自分の意思から離れた、自分の力が及ばないような大きな運命の流れに乗った選択である印象です。

・ウェイト版タロットカード「THE LOVERS」との比較

ウェイト版では、大いなる光に照らされた大天使に見守られている男女が描かれています。 男女はいかにもアダムとイブ。啓示を待っている女性を誘うサタンの化身である蛇と知識の実が熟れている木。こちらのタロットカードも、パートナーシップ以外に「選択」と言う意味があります。選択といっても様々な選択がありますね。今日のランチは何を食べる・・なんて軽いものから、引っ越し先、仕事、パートナー・・・全てが自分にとって正しい選択をしたいと願いたいですが、そもそも自分の意思だと思う選択は、大きな宇宙の視点から見ると、そうではないのかもしれません。osho禅タロットカードに比べると非常に明るい色調ですね。シンプルに「恋人(友人)との良好な関係。」と読むことも出来ます。

・リーディングケース 恋愛

恋愛の悩みで「恋人たち」が登場した時は、恋人とのコミュニケーションの大切さを伝えられています。自分の気持ちを相手に伝えることをコミュニケーションだと解釈される方がいますが、「自分の気持ちをわかって欲しい。」では、幼稚過ぎると言うものです。まずは、相手をそのまま受け入れることから始めましょう。もしも、ありのままの相手を受け入れることが難しいと思う場合、関係性そのものを考え直す必要があるのでしょう。どのような関係であっても、自分は恋人に何を与えられているのか?この関係から何を学べば良いのか?そこに立ち止まることが出来れば、二人の愛の形も変わって行くのではないでしょうか。

・リーディングケース 仕事

仕事の悩みで「恋人たち」 が登場した時は、独走に注意が必要な時です。身近な人々のアドバイスに素直に耳を傾けることで、新しいアイデア、ヒントを得ることが出来るでしょう。一人っきりで完結する仕事は少ないものですね。また、この時期に出現する協力者については過度の期待を寄せ過ぎずないことも大事です。

・まとめ&注意点

恋愛の象徴であるかのような 「THE LOVERS(恋人たち)」 ですが、恋の成就でも、恋人の出現のメッセージでもありません。愛はただひとつの形でしか表現できないものではなく、私たち自身を含めた全てのものが、宇宙の愛の表現だと言うことを知るためのメッセージカードです。大きな愛に守られている私たちは、はじめから愛の存在であること、ただひとりの他者から愛されることを希求する必要はないことを知っていることは、誰かと恋愛をする上でも大事なことです。また、どのような人生を選択をしてもすべては愛の上に成り立っていることを知っていると良いでしょう。自由と勝手をはき違えてはいけないですが、私たちは、日々、様々なものを選択して生きていますね。その選択のひとつひとつを意識して過ごしてみると、あなたもきっと宇宙の愛を感じられるでしょう。

関連記事