toggle
2021-02-06

タロットカード「21.世界(THE WORLD)」の意味

タロットカード大アルカナ・世界は「完成」を意味します。愚者は最後の審判(JUDGEMENT)を受け、ひとつの旅が終わりを迎えました。「完成」をポイントとして、タロットカード世界を捉えるとタロットカードリーディングの理解が深まります。

世界
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード大アルカナ「世界(THE WORLD)」

タロットカード大アルカナ「世界(THE WORLD)」に描かれているものから、タロットカードの意味を考えて行きましょう。

タロットカード「世界(THE WORLD)」に描かれているもの

背景は青色。月桂樹の輪。空を舞う天女。両手に持つ2本の魔法の杖。ローブ。宇宙の四元素の天使たち(「火・獅子」「地・牡牛」「風・天使」「水・鷹」)。

数字「XXI(21)」

「21」は数秘的には「2+1=3」になるが、タロットカードの解釈では数字を持たない愚者と同じ扱いです。

21番は、愚者を除いた1~10までの物質世界と11から20までの精神世界。表と裏。陰陽の2つの構造で成り立っている世界をひとつに統合したものと考えます。

マルセイユタロットカード・世界(Le Monde世界)

マルセイユタロットカード世界
CBD Tarot de Marseille by Dr. Yoav Ben-Dov, www.cbdtarot.com

マルセイユ版タロットカード世界とウェイト版との大きな違いはありません。女神や四元素の天使たちも健在です。

タロットカード「世界(THE WORLD)」から見えて来るもの

タロットカード世界には、満足そうな表情の天空を舞う天女と四元素たちが描かれています。世界はタロットカード大アルカナの最後のカードであることから、愚者から始まった旅がひとつ終わったことを表しています。ひとつと言うことは、私たちの旅は終わりはなく、永遠に続くものだからです。

天女は女性として描かれていますが、愚者と同じく男性でも女性でもない存在。どちらでもなく、どちらでもある人物です。

天女を囲う月桂樹の輪の周りに居る四元素たちは、物質世界の最終タロットカード「10.運命の輪」でも登場しています。運命の輪では、一生懸命に書物を読んでいた四元素たちですが、学び終えて満ち足りた表情をしていることです。彼らも学びを終えて世界に辿り着きました。

月桂樹の輪が表すのは、旅の終わりと始まりです。恋愛や人間関係、仕事などを占う場合、正位置の場合、ここで一旦、終わりを迎えるもの。新たな旅立ちなど、ポジティブな意味でリセットされるものがあると判断します。しかし、「完成」と言うことを忘れずにリーディングを行いましょう。逆位置の場合、まだ完成には時間が必要であることと判断します。諦めずに努力を続けましょう。大アルカナは世界で終わり、再び愚者へ戻ります。

タロットカード世界を深読み

タロットカード「世界」は、大アルカナの最後のタロットカードと言うことからも、幸運の訪れを約束されたかのようなイメージを持つ方もいますが、幸運=チャンス到来ではありません。大アルカナタロットカード「愚者」から順番に並べて行くとわかりやすいのですが、何者でもなかった「愚者」から始まった物語は、周囲の人々と関りながら、失意や絶望を味わいながらも「世界」に到達して行きます。このことから、タロットカード「世界」は、努力の結果を得られると言う意味が大前提にあることがわかります。タロットカードリーディングを行う時、リーディングの対象者や内容がが努力不足や他力本願だと感じる場合、「世界」が登場しても、得られるものは少ないです。状況にもよりますが、シンプルに「ひとつの結果が出る」と読むと良いでしょう。

正位置の意味

統合・完成・完結・目的達成・満足・成功・求心力・リセット・新しいサイクル

逆位置の意味

不完全・未完成・中途半端・ゴールはまだ先・挫折・失敗・無気力・惰性

「世界(THE WORLD)」と対のタロットカード

タロットカード「世界(THE WORLD)」と対は「愚者(THE FOOL)」です。ふたつは違うものに思えるかもしれませんが、同じ領域にあるものだと捉えると、タロットカードリーディングが深まります。

0.愚者(THE FOOL)

ウェイト版タロットカード愚者
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

「世界(THE WORLD)」の次は「愚者(THE FOOL)」へ戻ります。

タロットカード愚者の旅はこれからも続きます。

関連記事