toggle
2021-02-05

タロットカード「18.月(THE MOON)」の意味

タロットカード大アルカナ・月は「不安定」を意味するタロットカードです。希望の星(THE STAR)を見つけた愚者は、満ち欠けする月を眺め不安を感じます。「不安定な状態」をポイントとして、タロットカード月を捉えるとタロットカードリーディングの理解が深まります。

ウェイト版タロットカード月
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード大アルカナ「月(THE MOON)」

タロットカード「月(THE MOON)」に描かれているもの

背景は青色。怪訝な顔を浮かべている月。犬と狼。山へと続く開かれている門。ザリガニが住む池。

数字「XVIII(18)」

「18(8)」物質と精神の二面性。4の共存を表す数字。

マルセイユタロットカード・月(La Lune)

マルセイユタロットカード月
CBD Tarot de Marseille by Dr. Yoav Ben-Dov, www.cbdtarot.com

マルセイユ版タロットカード月とウェイト版との大きな違いはありません。マルセイユ版タロットカード月の方が鮮やかな絵柄ですね。

「月(THE MOON)」から見えて来るもの

満月なのか三日月なのか、月なのか太陽なのか、判断が難しいですが、険しい表情を浮かべた月が描かれています。遠吠えする犬と狼。星の川から辿りついたザリガニが暗闇の浮かぶ月を見上げています。満ち欠けする月は心や状況が不安定であることを表しています。不安定さは暗闇ですべてが見えていないことも関係しており、蠍は潜在意識の泉から出て来て問題を表面化させようとしています。月が逆位置の場合、問題解決の兆しが見えて来そうです。怖れのベールに覆い隠されている真実をしっかり見つめ、現実的に解決をはかりましょう。また、明けない夜はないように、タロットカード月は、夜明けととも(時間の経過ととも)に落ち着く問題を表すこともあります。

正位置の意味

不安・幻想・不明瞭・錯覚・恐怖・嘘・オカルト

逆位置の意味

夜明け・真実・明確・回避・沈黙解決の糸口・夜明け

「月(THE MOON)」対のタロットカード

正義(JUSTICE)

ウェイト版タロットカード正義
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

「月(THE MOON)」の対応星座

タロットカード月の対応星座・魚座です。魚座は12星座最後のサインです。繊細にすべてを包括する魚座は水のサインであり、支配星である海王星は目に見えない世界を意味する天体です。魚座を支配星に持つタロットカード月は、幻想的な世界と同時に見えない不安を表しますが、直観的ですべてを包括します。

魚座
Ted ErskiによるPixabayからの画像

「月(THE MOON)」の次は「太陽(THE SUN)」です。

関連記事