toggle
2021-02-01

タロットカード「9.隠者(THE HERMIT)」の意味

タロットカード大アルカナ・隠者は「真我探求・目覚め」を意味するタロットカードです。愚者は力(STRENGTH)から自身の心を制御することを学び、真実の光を見付けた隠者と出会います。「目覚めを希求するもの」をポイントとして、タロットカード隠者を捉えるとタロットカードリーディングの理解が深まります。

ウェイト版タロットカード隠者
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード大アルカナ「隠者(THE HERMIT)」

タロットカード「隠者(THE HERMIT)」に描かれているもの

背景は灰色。黒いマントに身を包んだ老人。真理を照らすランプ。魔法の杖。

マルセイユタロットカード・隠者(L’Ermite)

マルセイユタロットカード隠者
CBD Tarot de Marseille by Dr. Yoav Ben-Dov, www.cbdtarot.com

マルセイユ版タロットカード隠者は、頭までマントを被っていませんが、暗闇を照らすランプと杖は同じです。

数字「IX(9)」

「9」個人の完成を表す数字。

タロットカード「隠者(THE HERMIT)」から見えて来るもの

隠者には人里離れた山奥の暗闇で真理を照らす六芒星、長い旅を支えた輝く魔法の杖を持つ老人が描かれています。暗闇を光で照らしているのは、隠者が苦しい精神修行を終えて、広い宇宙の真理を理解することが出来たことを表しています。しかし「真理」にはゴールは存在せず、ここからが本当の新しいスタートだと言うことを隠者は知り、旅を続けます。旅の道連れにはランプと杖のみ。ひとり精神世界を探求した者が感じる孤独を打ち勝とうとしています。隠者の旅はこれからも続きます。隠者が逆位置の場合、独りよがりの偏った考えで周囲から変人扱いをされたり、孤立する様子を意味します。周囲のアドバイスに素直に耳を傾け、客観的に自己や状況を観察すると良いでしょう。

正位置の意味

内省・理解・真我探求・思慮深さ・孤高・研究・瞑想・達成

逆位置の意味

偏屈・孤独・変人・現実逃避・浮世離れ・閉塞感・引きこもり

隠者(THE HERMIT)」と対のタロットカード

19.太陽(THE SUN)

ウェイト版タロットカード太陽
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード隠者(THE HERMIT)の対応星座

タロットカードの隠者の対応星座は乙女座です。乙女座は12星座6番目のサインです。分析力に長けた乙女座は地のサインであり、支配星である水星は双子座と同じく情報の伝達を好む天体です。乙女座を支配星に持つタロットカード隠者は、自己分析と心の探求にチャレンジします。

乙女座
Ted ErskiによるPixabayからの画像

「隠者(THE HERMIT)」の次は「運命の輪(WHEEL of FORTUNE)」です。

関連記事