toggle
2021-02-03

タロットカード「12.吊るし人(THE HANGED MAN)」の意味

タロットカード大アルカナ・吊るし人は「忍耐・精神力」を意味するタロットカードです。正義の女神により、自身の中にある煩悩を指摘された愚者は、自己の内在する真実の光を見付けるために木に脚を掛けて修行します。その姿は、菩提樹の木の下で瞑想を行ったブッタのようにも思います。タロットカード吊るし人は、忍耐と精神力をポイントとしてを捉えることで、タロットカードリーディングの理解が深まります。

ウェイト版タロットカード吊るし人
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード大アルカナ「吊るし人(THE HANGED MAN)」

タロットカード「吊るし人(THE HANGED MAN)」に描かれているもの

背景は灰色。右足と後ろ手を縛られた男性。青い上着と赤いパンツ。卍型になった足。吊るし人が放つ後光で生命を与えられている木。

数字「XII(12)」

「12(2)」陰陽。相対。二極。二元。光と闇。男女。明暗。受動的を表す。

マルセイユタロットカード・吊るし人(Le Pendu)

マルセイユタロットカード吊るし人
CBD Tarot de Marseille by Dr. Yoav Ben-Dov, www.cbdtarot.com

マルセイユ版タロットカード吊るし人は、2本の木に吊るされています。2は対、陰陽、静動などを表し、吊るし人がどちらの世界へ進むのかを迫られていることを表しています。ウェイト版では組んでいる足が逆です。

タロットカード「吊るし人(THE HANGED MAN)」から見えて来るもの

吊るし人には、背の高い木に後ろ手を縛られ吊るされた男性が描かれています。穏やかな表情を浮かべる男性には後光が差し「正義」から出された答えを受け入れていることを表しています。男性の青い衣装は精神性の高さ、赤いパンツは意思を表し、彼は自らの意思を持って現状を受け入れています。他人から見ると耐えがたい状況であっても、彼にとっては耐えられないことではなく、耐えることによって得るものがあることを知っています。人は対価を得るために仕事を行う。憧れの仕事だからと言って無給で行う人もいないものです。それ相当の得られるものがあるから、吊るし人になれるものです。吊るし人が逆位置の場合、忍耐不足から結果を得られないことを意味しますので発想の転換が必要です。

正位置の意味

忍耐・修行・試練・発想の転換・奉仕・自己犠牲・精神統一

逆位置の意味

義務感・犠牲・忍耐不足・利己主義・解放・現実逃避

「吊るし人(THE HANGED MAN)」と対のタロットカード

女教皇(THE HIGE PRIESTESS)

ウェイト版タロットカード女教皇
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

吊るし人(THE HANGED MAN)」の次は「死神(DEATH)」です。

関連記事