toggle
2021-02-01

タロットカード「0愚者(THE FOOL)」の意味

タロットカード大アルカナ・愚者は「無限の可能性」を意味するタロットカードです。愚者は新しい旅が今まさに始まろうとしている状態です。「始まろうとしている状態」をポイントとして、タロットカード愚者を捉えるとタロットカードリーディングの理解が深まります。

ウェイト版タロットカード愚者
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード大アルカナ「愚者(THE FOOL)」

タロットカード「愚者(THE FOOL)」に描かれているもの

背景は黄色。奇妙な服の青年(性別は設けていない可能性)。小さな荷物。手に持つ白い薔薇。白い犬。白い太陽。崖。荒れた海。

マルセイユタロットカード・愚者(Le Mat)

CBD Tarot de Marseille by Dr. Yoav Ben-Dov, www.cbdtarot.com

マルセイユ版タロットカードでも愚者は、止める犬の声に耳を傾ける様子もなく、上を向いて歩いています。ウェイト版タロットカードとの違いは、意思を感じさせるような赤い杖を持っていることです。しかし、輪廻転生のサイクルから外れた愚者の意味としては同じと考えます。

数字「0」

「0」宇宙の根源。有でもない無でもない状態を表す数字。

タロットカード「愚者(THE FOOL)」から見えて来るもの

危険な崖の上をふわふわと空を見上げて歩く愚者は、風変りな姿で描かれています。愚者は青年と説明されているタロットカードの解説本もありますが、タロットカードの数字が0番であることから、旅の始まりやスタートラインに立っている状態を表しているとして、男性でも女性でもない存在。どちらでもなく、どちらでもある人物なのではないかと考えます。

愚者の足元で危険を警告する犬の声が届いていないどころか、犬の存在にさえ気付いていない様子の愚者ですが、不安定さは感じるものの、ネガティブな意味はあまり感じません。それは、愚者が奇妙な衣装に身を包み、誰の目も気にしていない様子もありますが、手に持つ小さな荷物、白い薔薇は、愚者が何ものにも囚われていない軽い波動を持つ純粋な魂の状態であることも関係するのでしょう。

不思議な雰囲気を醸し出す白い太陽は、愚者のいる世界がまだ現実世界ではないことを意味しています。生まれる前の魂の世界に住む、愚者は人々の本能や直観の声を表します。インスピレーションや独創的なアイデアや閃き。物事をスタートさせると言う意味があります。愚者が逆位置の場合、エゴの声と本能や直観の声をはき違えている意味となりますので、地に足をつけて現実を見つめましょう。

愚者の生まれる前の世界

先日、ソウルフルワールドと言う映画を見ました。映画を見ていない方もいらっしゃると思うので、あまり詳しくは書きませんが、生まれる前の魂たちが、人生のきらめきを見付けて意気揚々と地球に戻る世界が描かれており。様々な出会いの中で主人公が気付いたことが印象的でした。子ども向けのディズニー映画なのかもしれませんが、大人が見てもとても楽しいと思います。機会があれば是非見て下さい。

過去生のことを考えたことはある方は、どのくらい居るのでしょうか。過去生では、前世療法として有名なブライアン・ワイス博士のヒプノセラピーが有名ですね。しかし、魂の世界では時間は存在せず、過去も未来もありません。こう書くと混乱してしまうかもしれませんが、実際に無いのです。私たちは過去の欠片を拾い集めるように今を生きているのだと思います。(2021年2月)

正位置の意味

スタート・非凡・奇抜・夢・解脱・天真爛漫・直感的・本能的・浮世離れ・可能性岐路

逆位置の意味

現実逃避・固定概念・無謀・非常識・奇妙・厄介者・放浪・軽率・エゴ・不安定

「愚者(THE FOOL)」とグループのタロットカード

21.世界(THE WORLD)

世界
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

「21.世界」と「0.愚者」は、物質世界でも精神世界にも所属しないタロットカードになります。0番の愚者は何となくイメージが付きますが、21番の世界はそうでもない気がするかもしれませんね。タロットカードの大アルカナは、愚者から世界をあわせると22枚あります。そして、愚者と世界を除くと20枚。それぞれ10ずつ物質世界と精神世界に分けて考えることが出来るのです。タロットカードリーディングの際、物質世界のタロットカード。精神世界のタロットカードと理解をしておくとリーディングを深く読むことが出来るようになりますよ。

タロットカード愚者(THE FOOL)の次は魔術師(THE MAGICIAN)です。

関連記事