toggle
2019-10-07

悟りと真我探求

悟りとは、微笑みを浮かべながら、ただ静かに座っていることではありません。

瞑想ののち真我に気付き、すべてがわかった。と、何事もなかったかのように日常の「私」に戻ることでもありません。

悟りとは、この地球にしっかり根ざしながら、「私」から起こって来る感情を恐れることなく、あるがままの存在で自由に生きることなのです。

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

悟りとは、自由にあるがまま・・だけが独り歩きすることでもなく、悟りと言う名の元、自己を特別視し誰かを支配することでもなく・・・

目に見える世界は、夢の一部だと言うことを深い部分で理解しており、どのようなことが起ころうとも 絶対的な平穏があることを常に知っており、自己に内在する真我の光に戻ることが出来ることです。

すべてに遍在する神は、神を求める帰依者の進歩に応じてその姿を現します。(ここでの神とは真我のことです。)真我の内にしっかり確立していることが悟りなのです。

真我探求に役立つお勧めの本

ラマナ・マハルシさんの本。
読むだけで心が落ち着きます。
そわそわと心が落ち着かない時、真我探求のお供にお勧めです。

ムージさんの本。 ラマナ・マハルシさんの本と同様、気持ちが落ち着く本です。

関連記事