toggle
2019-09-11

瞑想の効果

このブログ記事は、数ヶ月前にアップした記事を一部修正して上げたものです。

瞑想を体験されたことはありますか?既に生活の一部になっていると言う方もいると思われますが、数年前までは、瞑想と言うと一部の特殊な人たちのものだとみられていたり、怪しい宗教だと言う誤解され、敬遠されてしまうこともありましたが、時代は変わりましたね。

最近は、様々な所で瞑想が取り入れられているのを見る機会が増えましたし、瞑想が身近なものになって来たため、瞑想と言う言葉を口にしても反応が柔らかいものに変わって来ました。

瞑想は、特別な準備は必要ありませんし、道具も要りません。静かに落ち着いて、呼吸へ意識を向けるだけでも瞑想になりますので、言うなれば、瞑想へ向かう気持ちさえあれば、例え満員電車の中であっても出来ます。静かにしているのですから、人が大勢いる場所であっても、誰にも知られず行うことができます。

瞑想の効果

例え、5分であっても、しっかりと集中することができると頭がすっきりしますので、瞑想して良かったと思えます。5分瞑想したけれど、頭もすっきりしないし何だかよく分からなかった。瞑想して良かったなど思えない場合、瞑想ではなく雑念の海で妄想していたのかもしれません。

瞑想をすると頭がすっきりするのは、それまであった自分と一体化していた必要の無いものが削ぎ落とされるからです。必要の無いものとは、いわゆるエゴのことです。エゴとは、私と私以外のものを分けるもの。それぞれが持っている価値観や観念、期待や欲望のことです。これらは、生きて行く上で必要なものですが、強すぎるエゴは、自らを苦しめる元になります。
直感も冴えますので、スピリチュアルな存在との繋がりを感じられる方もいるでしょう。様々なスピリチュアルレッスンがありますが、ほぼ瞑想で事足ります。

瞑想時に雑念が出て来た時どうしたらいいか

いざ、瞑想を始めようと思った途端、気になることが思い出されたり、トイレに行きたくなったり・・トイレの場合は我慢せずに行きましょう。気になることは一旦、瞑想を止めてメモを取るか、それらを先に片付けてしまっても良いでしょう。ただ、5分後に出来ることであれば、やはり雑念として認めつつ、相手にせず呼吸に意識を向けましょう。

瞑想のまとめ

瞑想を日課にすると確実に以前とは違う感覚を感じられるはずです。感覚とは、日常の出来事がスムーズに進むようになったり、勘が良くなったり、心が穏やかになったりですが、波動の変化により、実際に瞑想前とは違う自分になっているのです。このように書くと、なんだか怖いと言う方がいらっしゃいますが、そんなに簡単に自分が無くなることはありません。
人間そんな簡単に変わるものではありませんので、安心下さい。
わかりやすく言うと、バージョンアップするようなイメージです。
何がどのようにバージョンアップするか?は、それぞれの段階によって違うため、体験してみないとわかりません。
日々の生活に瞑想を取り入れ、変化を体験してくださいね。

関連記事