toggle
2019-04-05

夢日記をつけて起こった変化・効果がなかったこと

Tomocoです。あなたは夢占いを試してみたことはありますか?
昔から占い好きだった私は、10代の頃に 夢に出て来た場面やキーワードを探り、潜在意識からのメッセージを受け取ることができると言う「夢占い」にロマンを感じていました。

当時、愛読していた夢占い辞典に『夢日記をつけると直感が冴え、前世の記憶が蘇り、潜在意識からのメッセージを受け取ることができるようになります。』と書いているのを発見し、非常に単純な私は、「おぉっ!それは素晴らしい!」と直ぐさま思い、夢日記を書いてみることにしました。

夢日記をつけていた期間は約半年です。半年間、毎日欠かさず書いていた訳ではありません。最後のひと月くらいは酷いものでしたが、夢日記に関しては、根を詰めて行うのではなく、遊び感覚で行った方が良いような気がします。その理由は以下に書いていますので、もし興味がありましたら読んでくださいね。

今回は、私の夢日記をつけて起こった変化・効果を期待していたけど起こらなかったこと・夢日記の活用法について書いています。

夢日記をつけて起こった変化・効果がなかったこと

・用意したもの

お気に入りのB5サイズのノートとペン

特別なものは必要ありません。ノートやペンよりもスマホなどが慣れている方は、スマホを使ってください。

・どのようにつけていたか。

枕元にノートとペンを置いて眠り、目が覚めてから直ぐに夢の内容を書き留めました。

夢日記を書くと言っても、ノートとペンを用意して眠り、目が覚めてから夢を書くだけなのですが、私は、夢に出て来る事柄ひとつひとつを書き出すよりも、全体的な印象、イメージに意識を置いて書き出しました。
多分、私だけではなく、ほとんどの方の夢は辻褄が合わない物語が大半を占めていると思うので、印象に残る場面、場面を拾うようなイメージです。

例えば、「飛行機に乗った。楽しい。」「知らない所を歩いていた。寂しい雰囲気。」「謎の空間、怖くない。」「春みたいな場所、暖かい。」「知らない人と喋った。内容は忘れた。嫌な印象はしなかった。」「明るい場所。青色」などです。

登場人物については、知らない人でもなんとなく感じた印象を書きます。
滅多にありませんでしたが、はっきりとした物語になっている夢を見た時は、具体的にそれらを書きました。

・夢日記をつけて起こった変化

・意識傾向がわかる

常日頃、自分がどのようなものに意識が向いているのか?などの傾向がわかりました。

夢日記をつけることで、夢の中で、度々同じような人が登場したり、同じ場面が繰り返されていることに気付いたからです。

当時、私は母親との折り合いが悪く、家族に対して、怒りや悲しみなどの感情を強く持っていました。ストレスも強かったです。それらの感情について向き合うような場面が繰り返され、目が覚めてからも気分が悪かったのを覚えています。本来ならば、そこで自分の気持ちや母親と向き合うことが出来れば良かったのですが、10代の私には出来ませんでした。

潜在意識からのメッセージ

自分の意識傾向が明確になるのが潜在意識からのメッセージなのだと思います。ただ、メッセージを受け取り活用する方法を知らないと意味がないのかもしれません。メッセージが個人的なもの、自己完結できるものであれば、受け取り方も違っていたと思います。

・夢の登場人物と現実で会う

夢に登場した人と現実世界で会いました。

現実世界でその人と出会った時は、何も感じませんでしたし、ノート存在さえ忘れていました。片付けをしていた時にノートが出て来て、一気に記憶が蘇ったような印象でした。
その方とは、今はもう繋がりはありませんので、あまり詳しくは書きませんが、私の人生に影響を与えてくれた人であったことは間違いありません。

これから出会う予定の人が登場する時は、目が覚めてからも覚えている、印象に残る夢が多かったように思います。

・明晰夢

夢の中で、夢を見ながらこれは夢だと気付き、夢の話を変える明晰夢については、以前から見ていたので夢日記はあまり関係ないと思いますが、明晰夢に勘しては継続して見ています。

・夢日記をつけて効果がなかったこと

・直感が冴える

・期待していた「直感が冴える。」ことについては、私の場合は変化は感じられませんでした。これは、私が「直感が冴える」ことをエスパーのように超常現象を期待していたからだと思います。今思えば、夢日記をつけたくらいで超能力を身につけることなど出来るはずはないのです。何事も期待し過ぎはいけないですね。

・前世の記憶

「前世の記憶が蘇る」ことについても、同じく変化はありませんでした。

期待していた前世の記憶につては、そもそも何が前世の記憶なのか。誰にも確認しようがないのでわかりませんでした。これは、最初に気付くべきでした。私は輪廻転生を信じていますが、前世の記憶や生まれ変わりについて想像を広げることにあまり興味が無いからかもしれません。

・夢日記をつけるにあたっての注意点

・朝起きて一番最初に目にするものなので、気に入っているノートを用意した方が良いと思います。気に入っている物は、テンションをあげてくれると言う意味です。気にならないなら何でも良いと思います。

・ペンについては、ペンキャップがついていないようなノック式のペンが良いと思います。ペンが開けにくいとまごついている内に夢を忘れてしまうことがありました。 目覚めが良い方などは関係ないかもしれません。

・夢は時間が経つと忘れてしまうことが多いので、後で書こうとすると確実に忘れます。後回しにせず、目が覚めたから直ぐに書く習慣をつけた方が良いでしょう。

・継続すること。
「今日はいいや。」と思ってしまうと段々と億劫になって来ます。
例え、ひと月でも期間を決めて続ける方が良いと思いました。

・過度な期待は禁物です。
夢日記に限らず、過度な期待は本質が見えなくなる傾向があるので、夢日記で何か成果を出そうとか、変化を期待するのは止めた方が良いでしょう。

・まとめ

夢日記は、継続して書き続けて行くことが難しいと思います。

通常の「日記」は、実際に今日起こった出来事を書くので、夢日記に比べると続けやすいと思いますが、夢日記に関しては夢なので、ストーリーがめちゃくちゃだったり、ストーリーでもなかったりします。それらを覚えている内に書き留める作業は、最初の内こそ楽しくできますが、時間が経つにつれ猛烈につまらなくなって来ます。

また、元も子もないことを書きますが、夢をノートに書いたからと日常に劇的な変化が現れる訳ではないのに、起きている間もなんとなく夢のことが頭の片隅に引っかかっているような感覚があり、正直煩わしいと感じていました。

ネット情報ですが、夢日記は不安定になるから危険だと書いている記事を読みましたが、私は図太いからなのか。何も感じませんでした。ただ何となくイライラする感覚はあったので、もしも試してみて、普段とは違う違和感を感じた時は、直ぐに止めた方が良いと思います。繰り返しになりますが、私は全く平気でした。

それでも、夢日記をつけることによって、普段、あまり意識をしていない心の内側に意識が向くので、漠然と考えていることなどが明確になって来る印象です。夢からのインスピレーションを受けるために行うよりも、頭や心の中を整理するために活用すると良さそうです。

ただ、私の場合、夢に出て来た人と会うことが出来たのは事実なので、それが良いか悪いかは置いておいて、そういう体験もできるかもしれません。

以上、 私の夢日記をつけて起こった変化・効果はなかったけどわかったこと でした。「夢日記」人生に一度くらいはつけて変化を楽しまれても良いと思います。

関連記事