toggle
2019-10-03

低迷期を上手く乗り切る方法

今回は、低迷期を上手く乗り切る方法について書いています。

四柱推命では、毎年、節分を境に変化する気の流れを流年と言い、流年よりも大きな期間( 五行推命では2年~10年周期 )で変わる気の流れを大運 と言います。タロットカードで表すには、少し無理がありますが、流年が小アルカナ・大運が大アルカナのイメージです。

四柱推命の活用方法は様々ですが、それぞれの生年月日から導き出された星に大運と流年を合わせ、今まさに前進する時なのか?立ち止まる時なのか?また、何を学ぶ時なのかを知ることが出来るのが占いでの運気の見方です。

低迷期の乗り切り方

何事も順調な時は良いのですが、上手く行っていないと感じている時に占いを受けて、低迷期だと聞いてしまうと気が滅入ってしまいそうになるものです。しかし、そもそも運気は安定しているものではなく、日々移り変わる空模様のように変わり続けるものなので、どのような人であっても低迷期を避けることは出来ません。浮き沈みがあって当たり前の低迷期ならば、その低迷期をどのように過ごすかで、その人の器量が試されるのだと感じています。

物事が上手く行かない時ほどジタバタしがちですが、最悪だと感じていたことが数ヶ月、数年経つと、改めて考えるとあれで良かったのだと思う経験をされた方は多いのではないでしょうか。低迷期だからと四六時中、不幸が続くと言うことはありませんし、何となく思ったように進まないな。本調子じゃないなと感じつつも、楽しい日もあるので、低迷期を闇雲に怖がらないことは大事です。

また、上手く行かない時期は、無理矢理にでも、ポジティブに気持ちを切り替えなければ・・などと思う必要はなく、低迷期ほど「無いもの」ではなく、「今すでに与えられているもの」に目を向けることが大事です。実は無いものよりも、与えられているものの方が多い私たち。不安や焦りを感じた時は、自分が何に意識をおいているのかに気付きたいですね。そして、低迷期を上手く乗り切ることのできる多く方々は、何がなんでも物事を上手く(自分の思い通りに)行かせようと思う気持ちを手放すのが上手です。いかに執着を手放すことができるか?が低迷期を乗り切る一番の方法だと実感しています。


関連記事