toggle
2020-10-23

浄化・土用の季節

秋土用の季節です。今秋は、10月20日~11月6日までが土用の季節。土地・気の浄化が行われる期間です。土用の季節が終わると「立冬」(11月7日)。本格的な冬が始まります。浄化期間・土用の季節は無理は禁物です。

浄化・土用の季節

・土用とは

土用とは、夏の「土用の丑の日」を思い浮かべる方も多いと思いますが、五行思想からなる二十四節気を補足する形で出来た日本独自の雑節(ぞうせつ)です。土用は四季毎にあり、立春・立夏・立秋・立冬に入る前の約18日間の調整期間のことを土用の季節と言います。

・五行とは

  • 木行 春(新緑の季節)
  • 火行 夏(日差しの強い季節)
  • 土行 土用(季節の調整期間)
  • 金行 秋(実り・収穫の季節)
  • 水行 冬(雪の季節)

・陰陽五行説とは

五行説とは、万物は「木・火・土・金・水」の5つの元素から成り立つとされる思想。陰陽説は、宇宙を陰と陽に分けて森羅万象を説明しており、陰は「寒・月・夜・秋冬・女性」。陽は「熱・太陽・昼・春夏・男性」を表し、宇宙に存在するあらゆるものを対立概念にあてはめ、互いの存在が無ければ意味をなさない共存関係を表しています。それぞれ別々に存在していた陰陽説に五行説を融合して体系化したものが陰陽五行説と言われており、四柱推命は、中国の古代思想である陰陽五行説が基盤にあります。

・二十四節気とは

二十四節気とは、古代中国から伝わった春夏秋冬を二十四分割したもので、「小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至」からなります。日本では、旧暦として使われています。

・土用の季節の注意

土用の時期は、土に関すること(家の基礎工事や引っ越し)は、土の神様「土公神(どこうしん」の怒りに触れるとされ、避けられています。しかし、土用の季節は季節毎に約18日間あり、年間72日あります。この間、土に関することが出来ないとなると不便なため、間日が作られました。なんでも、間日には、土公神が天界に帰っているとか・・季節の変わり目は、疲れが出やすく体調を崩される方は多いですね。土用の季節は、浄化の時期と捉え、新しい季節を迎える準備期間として静かに過ごしましょう。

  • 冬土用:寅・卯・巳の日
  • 春土用:巳・午・酉の日
  • 夏土用:卯・辰・申の日
  • 秋土用:未・酉・亥の日

・あなたの日干と五行

五行「木・火・土・金・水」には、それぞれエネルギーが強くなる季節があり、生まれた季節と日干との相性が良い場合、運気の強い人となります。相反する時期に生まれた場合、運気が弱い人とはなりません。あなたの日干は何になりますか?こちらのサイトから、あなたの命式を出すことが出来ます。

  • 「木(甲・乙)」の方は春。
  • 「火(丙・丁)」の方は夏。
  • 「土(戊・己)の方は土用。
  • 「金(庚・辛)の方は秋。
  • 「水(壬・癸)の方は冬。
日干「辛」の例

・2021年の土用の季節

  • 2021年の土用
  • 冬土用:1月17日~2月3日 (2月3日立春)
  • 春土用:4月17日~5月4日 (5月5日立夏)
  • 夏土用:7月19日~8月6日 (8月7日立秋)
  • 秋土用:10月20日~11月6日(11月7日立冬)
S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像


関連記事