toggle
2019-10-25

願いが叶う願望実現ノート

新月の願いと同じように、願望実現ノートを書かれたことがある方は多いと思います。自分の思いを明確にし、文字としてノートに書き出すことで、宇宙のエネルギーがあなたの願いの具現化に注がれる「願望実現ノート」の効果は絶大です。本来、「願望実現ノートの正しい書き方」など無く、自由で良いと思いますが、今日は私の書き方を紹介したいと思いますので、興味のある方は参考になさってくださいね。

まず、はじめに願い事をひとつに絞り、出来るだけ一言で言い切ることが出来るような短めの言葉を作ります。その際、「~になりますように。」ではなく「~になりました。」などの完了形で書きます。ノートに書く前にメモ用紙などに書き出し、違和感がないか探ってください。違和感を感じなくなるまで、言葉を書き出します。その後、出来るだけ大きな字で願い事を10回書きます。毎日、ノートに10回書くと良いと聞きましたが、私の場合、続けて書くことで不安が増幅してしまうような気持ちになるので1,2回書いて終わりにしています。

大事なポイントとしては、ノートに書き出したことで満足してしまわないことです。どのような願いごとであっても、何の努力もせず、完全に宇宙任せでは、やはり叶うことは無いでしょう。試験に受かりますように・・と願って、勉強をしなくては、試験に受かることは難しいように、恋人が欲しければ、偶然の出会いを待っているだけではなく行動をする。自分自身が行動すると言うプラスのエネルギーに変えることで現実を動かすことが出来ます。また、時々ノートを開いて、願い事に違和感を感じないか見直してみましょう。時間が経って、違和感を感じることがあれば消してしまえば良いですし、まだ叶っていないと思うことがあれば、願望実現ノートが悪いのではなく、その願いに対して、自分の中でどのようなプラスエネルギーが足りていないのか知るきっかけにしましょう。あなたの願いが叶いますように。


関連記事