toggle
2020-11-05

ブロックだと思っていたものが

私たちは、自覚などほぼ無くとも、自らを含む全てが微細な波動で出来た良いも悪いもない世界に生きています。ここでは、個人の心の中にある「手放したい波動」のことをブロックと呼んでおり、例えば、「現実を変えようと頑張っているのに上手くいかない。」「いつも同じ問題にぶつかっている。」などのうまく行かない原因のひとつにあるエネルギーのことを言います。ブロックは決して、思いの実現を妨害する悪しきものではありませんが、それらのブロックと丁寧に向き合い、浄化を行うことでエネルギーの通りが良くなります。これらは、感覚として分かるものですが、それなりの時間も掛かります。

中にはブロックだと思っていたことが、宿命(人生の課題)であることが分かることもあり、その場合、ブロックを解放しながら、それらの出来事と上手く付き合って行くことになります。宿命と聞くと打つ手はないのか・・と自らの運命を嘆きたくなるものですが、誰もが宿命を背負って生きているので、どう捉えるかは自分次第になのですが、中には「宿命だと聞くと腹が据わった。」と言う強い方もいるものです。逞しく生きたいですね。思い通りに行かない現実世界ですが、その原因も様々です。原因がわかると案外すっきりするものです。

Free-PhotosによるPixabayからの画像
関連記事