toggle
2019-08-18

目覚めは難しいものではない

世の中には、あらゆる宗教的な教え、精神世界の教えがありますが、様々な名称で呼ばれている光の存在とは、真我のことであり、無限の愛の存在であるわたしたち自身のことです。
その殆どは、真我と共に生きる教えを説いているもののはずなのに、複雑になっており真実が見え難くなっています。

目覚めは難しいものではありません。
何故なら、私たちは既に目覚めているからなのです。

目覚めているのに気付くことが出来ず、闇夜を彷徨い続けてしまうのは、夢の魔法が掛かっているからです。

魔法を解くために、旅に出る必要はありません。
「青い鳥」のように、本当の幸せは直ぐ手の届く所にあります。
あなたが気付いなくても、あなたの中に内在する愛が真我なのです。

愛とは何でしょう。
親しい人を想う愛、恋人とのロマンスも愛ですが、あなたの愛を愛する人以外に注ぐことが出来ているでしょうか。
また、愛する人に対して、条件付きの愛にはなっていないでしょうか。その条件は、なんのためにありますか。

あなたが愛する人に無条件で愛を注ぐ時、真我と共にあります。
苦手と感じる人に対しても、感謝の愛を注ぐことであなたの波動は上がります。

波動を上げるために何かの儀式、プレゼント、まして、あなたの人生を捧げる必要はありません。
真我は愛そのものです、そこにある一定の条件など必要ないのです。

しかし、あなた自身を愛さずに、自分以外の誰かへ愛を注ぐことは違います。
誰かの犠牲になることはありません。誰かをあなたの犠牲にすることも違います。

愛すること、感謝をすることが、難しいと感じられる時があるかもしれません。それでも、あなたの深みにある愛は、あなたを責めることはありません。
罰を与えることもないでしょう。

あなたの中の純粋な正しさを愛しましょう。

関連記事