toggle
2020-09-29

「土星」とタロットカード「世界」

タロットカード大アルカナ21番目「世界」は、統合された宇宙を表しており、願望実現や成功を意味するタロットカードですが、解釈の誤解が多い一枚です。

「世界」には、諸説ありますが、青空に浮かぶ月桂樹の輪の中央に運命の女神らしき人物。それらを囲う4元素の火(ライオン)・地(牛)・風(天使)・水(鷹)が描かれています。

Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード「世界」は、「願望成就・物事の完成・成功」などの、正に願いが叶う、幸運の訪れを約束されたイメージがありますが、決して、手放しでラッキーチャンスを掴めるようなものではないのです。愚者から順番にタロットカードを並べて行くと、何者でもなかった「愚者」から始まり、人々との関わりの中で技術や知識を身に着け、愛することを学び失意や絶望を味わいながらも立ち上がり勇気を振り絞り、自らを高め成長して「世界」に到達したように、努力の結果を得られると言う意味なのです。つまり、何の目標も持たず、努力もせず生きて来た場合(そんな人は、あまり居ませんが・・)タロットカード「世界」が導き出されても得られるものは少ないのです。ぼんやりと「今日の一枚。」とタロットカードを引いて「世界」が出ても「願望実現?成功?なんのこと?」となりますよね。何かの結果を尋ねてタロットカードを引いて「世界」が出た場合、ひとつの結果が出る。と読めます。ただし、そこで完結するかどうかは状況によりけり・・完成へ向かって努力を続けると言う意味にもなります。

タロットカード 愚者
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード「世界」の対応星座は山羊座です。山羊座の支配星である「土星」は、制限・抑圧・努力が必要なテーマを意味し、タロットカード「世界」と共通していることがわかります。「世界」は、ミラクルワールドではなく、私たちが生きている現実の世界を表します。山羊座は、努力の人。理想の状態に向かって一生懸命に頑張ります。タレントのイモトアヤコさんは、山羊座のオーバーロードがあり、正に頑張り屋さん、努力の人のイメージがありますね。彼女のように出生図の山羊座が強くなくても、出生図の土星の影響が強い人は、山羊座と同じく努力や忍耐が人生の大まかなテーマになります。土星の忍耐は、ただ辛いだけではなく、想像できないような苦労でもなく、一般的に努力の分だけ結果を得ることが出来るものだと言われます。

土星と対比する存在として説明されるのが木星です。木星は「幸運の星」だと言われており、保護してくれるものです。木星が巡って来る時期に行動すると幸運を得ることが出来ます。反対に、土星が巡って来る時期に間違った行動をしてしまうと失敗を招きます。このように聞くと土星にネガティブなイメージを持ってしまいますが、土星を忌み嫌わずに上手に付き合いましょう。また、山羊座ではないのだけど、私の人生は人よりも困難なのでは・・?と思われる方は、一度、出生図を探ってみても良いかもしれません。人生のテーマがわかると物の見方が変わることがあるものです。

関連記事