toggle
2020-01-18

魚座の金星に癒しを求める

ここ最近、山羊座に天体が集まっていることから、山羊座を象徴する現実社会を通して自己の人生に思いを巡らせている方は多いですね。『結果』を出すことに生き甲斐を感じられるエネルギッシュなタイプの方は、目標に向かって走り切ることが出来るのだと思いますが、山羊座は社会や自立がテーマの男性的なサインなので、言い知れぬ重圧を感じてしんどい思いをされている方もいると思います。星を読む方の中には、自分の主要な星を上手く使えていないと辛い時期と言われる方も居ますが、人それぞれだと思うのでマイペースで行きましょう。

それでも、山羊座パワーが強い時は、方向性を定めることで想いを具現化しやすいので、もしかしたら、そんなことなら早くから何かに取り組んでおけば良かった!!手遅れだ!!と感じている方もいるかもしれませんが、何でも始めるのに遅いことはありませんし、まだ今年は始まったばかり。今からでも目標設定をされると良いでしょう。そして、2月16日まで全天体順行期間と言って、物事がスムーズに進みやすい好運期です。ただし、夢や目標と言っても、自分ひとりだけでは達成できない目標については軌道修正を加えた方が良いでしょう。例えば、恋人が欲しい場合、意中の相手に振り向いて貰えなければ夢は実現しませんが、あらゆる方法での自分磨きはひとりで出来ますね。 自分を高めるとか、自分磨きとか、一時期流行りましたが、表面的だけピカピカに磨いても結果は伴わないでしょうから、バランスを大事にしましょう。やはり、努力にはそれなりの結果が付いて来るものです。山羊座パワーを有効活用したい場合、『無駄を省いて合理的』を意識して行動すると良いでしょう。

congerdesignによるPixabayからの画像

さて、2020年1月14日から2月7日まで魚座に金星が滞在中です。(占星術的観点ですよ。)魚座は癒し、夢や幻想、神秘、魂の純化がテーマのサインで金星との相性が良く、魚座に金星があると人々の感性が研ぎ澄まされるので、音楽や芸術に関わる方には良い時期ですし、人によりますが恋愛に意識が向くので恋愛運が良くなります。山羊座の社会性も魅力的なテーマですが、私たちは自分が癒されていないと心に余裕を持つことが出来ず、目標を設定しても息苦しさを感じてしまい自己の抑制が出来ないものです。本当に疲れている時は、美しいものを見ても心が動かない・・こともあるものです。心が疲弊しきってしまう前に、歯を食いしばっていないかな。 肩に力が入っていないかな。 など、ご自分を観察してみられて、身体のこわばりを感じられたなら、十分な癒しの時間を与えてあげてくださいね。

関連記事