toggle
2020-02-07

獅子座の満月・自己表現

2020年2月9日16時33分、獅子座の満月です。月は1ハウスにあります。獅子座は華やかで自己表現に長けているサインです。 目標が定まっている方は、そのまま突き進むことで夢の実現が近づいて来るでしょう。 自己表現と聞くと、大きなことを想像しがちですが、日常の中での楽しみも自己表現のひとつです。

引き続き10天体順行期間中の満月です。10天体順行期間中は、比較的、物事が順調に進みやすい時期ですので、この時期を上手く使うと良いですね。

満月は過去の行いの結果を受け取る時です。自分が受け取っている現実を再確認する時期。自分を見渡してみた時、現状に不満を感じてしまうのであれば、まだまだ変えることが出来る余地があるということです。決して、自己否定や自己嫌悪陥らずに、気付いていることから変えてみましょう。この時期、不安を煽るような情報、そのような情報を伝えて来る人に惑わされないよう、自分には必要のない(自分には合わないと感じる)ものから距離を置きましょう。誰かの基準で生きるのではなく、自分の心を大切にすること、そして、それで大丈夫なのだとあなたの宇宙を信頼することです。

火星のアウトオブバウンズ

2/9~3/3火星がアウトオブバウンズの度数に入ります。 アウトオブバウンズ とは、常識を超えて起こる出来事となるので、自分ではコントロールし難いです。(2/16まで射手座→山羊座)社会的には事故や争いが起こりやすいので、新型コロナウィルス、インフルエンザを含め、十分な予防や注意が必要な時期です。

個人では上手に自己主張をして行くことが求められます。コミュニケーションに注意と聞くと、消極的になる方も多いですが、火星は積極性の星と言うこともあり、消極的過ぎてもトラブルを招きます。何等かの問題が起こった時は、周囲の反応やアクシデントの出方で、自己の火星エネルギーの使い方を知るきっかけにしましょう。ポジティブに且つ慎重に過ごすと良い時期です。

関連記事