toggle
2020-09-11

ハードアスペクトとの付き合い方

ホロスコープとは、ある瞬間の宇宙の星の配置を記したもので、生年月日から作るホロスコープから個人の才能や可能性、人生の課題を知ることが出来ます。

天体から与えられる影響をアスペクトと呼び、アスペクトには、ソフトアスペクト・ハードアスペクトがありますが、吉凶とは判断せず、ソフトアスペクトは、その天体を上手く使いこなし、時には上手く逃げることが出来るもの。ハードアスペクトは、もがき苦しみ逃げられないもの。逃げても追いかけてくるので逃げない方が良いもの。アスペクトのソフト・ハードは、課題の難易度だと捉え、ハードアスペクトが多いからと絶望するものではありません。

スピリチュアル好きな人は、海王星と主要な天体とのアスペクトを持っていることが多いです。(海王星は、1846年に発見され、実態が見えないが影響のあるものを意味し、石油、信用取引、ウィルス、夢の世界、スピリチュアル・・・などが海王星で示されます。)

私も海王星のハードアスペクトを持っているひとりです。私の人生と目に見えない存在とのコンタクトは、切っても切り離せないものになっていますが、私は割と現実的に考えることが好きなタイプなので、偏り過ぎて地に足が着いていないように見えるスピリチュアルを理解することが出来ません。実際に存在達からのメッセージは、不思議な言葉の数々ではなく、現実的な事柄が多く、当たり前のことばかり伝えられます。期待される幻想のスピリチュアルと現実との間で感じるストレスや葛藤がハードアスペクトだと言うことです。

関連記事