toggle
2020-09-11

ハードアスペクトとの付き合い方・スピリチュアルガイドの声

ホロスコープとは、ある瞬間の宇宙の星の配置を記したもので、生年月日から作るホロスコープは、個人の才能や可能性、人生の課題を知ることが出来ます。ホロスコープの天体から与えられる影響をアスペクトと呼び、アスペクトには、ソフトアスペクト・ハードアスペクトがありますが、吉凶とはっきり判断することはありません。ソフトアスペクトは、その天体を上手く使いこなし、時には上手く逃げることが出来るもの、ハードアスペクトはもがき苦しみ逃げられないものを表します。ハードアスペクトは、逃げても追いかけてくるので逃げない方が良いものと言われますが、逃げたくなるのが人間の性ですね。

スピリチュアルとご縁のある方(好きな人を含む)は、海王星と主要な天体とのアスペクトを持っていることが多いです。海王星は1846年に発見され、実態が見えないが影響のあるものを意味し、石油、信用取引、ウィルス、夢の世界、スピリチュアル・・・などを表します。様々な意味で薬をご縁がある人も出生図を見ると海王星との繋がりがある場合が多いです。

私も海王星とのアスペクトを持っているのですが、如何せんハードアスペクトなので見えない存在たちとのコンタクトは、子どもの頃から追いかけて来た・・印象です。まさに逃げられないハードアスペクトなのだと嫌になるほど実感しています。スピリチュアル的な能力を身に着けたいと望む方からすると羨ましい話なのかもしれませんが、実際、そんなに良いものでもなく、騒がしくて眠れない時もあれば、見たくないものも見え、知らなくても良いことも入って来るものです。(追記)先日、ある人から「迷いがある時、守護ガイドから色々と聞けたら便利なのに、何故、すべての人が守護ガイドの声を聴くことが出来ないのか?」と質問を頂きました。答えは、「人生そのものは、迷い、体験し、考えるためのゲームだから。」なのですが、誤解されている方が多いのですが、守護ガイドがいつも明確な答えを導いてくれると言うことはありません。絶対に正しいだろう答えを知っているはずなのに曖昧なことしか教えてくれないことも沢山あるのです。

Free-PhotosによるPixabayからの画像
関連記事