toggle
2020-01-21

見た目ではわからないこと

人は見た目が100%だとか言われますが、内面に関しては見た目では計り知ることは出来ないものです。

私は、気になるタレントやアーティストの方の生年月日がわかる場合、星の並びを見ることがあり、最近では、ご本人の強気な発言に対して何かとバッシングを受けている女性タレントさんを四柱推命で見た所、世間から印象付けられている通りの強気な面はあれども、非常に繊細な面があり、心優しい人物に見えました。モテる女性のようですが、この方と個人的に関わりを持つとヒール的なイメージとのギャップに恋に落ちてしまうのだろうなと納得しました。

イメージが一番のタレント業は、レッテルを張られるのも波に乗る方法のひとつなのかもしれませんが、この方のように強く繊細なアンバランスタイプの場合、外側からのイメージに自分を寄せてしまい、ご自身の中で混乱が起きているのかもしれません。実際のところはわかりませんけれど。それでも、例え、好きではないと思うタレントさんであってもSNSなどで攻撃するのは違うと思いますね。個人間であっても、何かひとつ失敗したら槍玉に上げることは昔からありますね。

Aline DasselによるPixabayからの画像

タレントさんに限ったことではなく、私たちも自分を含め相手の人物像をほぼ無意識で作り上げ、そのイメージに沿って相手と接しています。 ちなみに、星占いでの自分の星座をご存知の方は多いと思いますが、星占いの星座はご自身の太陽星座にあたり10天体あるうちの一部になります。(一部と言っても太陽からの影響は大きいので、わかりやすい側面ではあります。)西洋占星術では、月星座は、生まれ持った性質や資質であり、太陽星座は自分で作り上げて行く人格や生きる目標になり、輝く太陽を使うために私たちは生きていると言われます。

関連記事