toggle
2020-10-23

浄化・土用の季節

土用と聞くと、夏の「土用の丑の日」を思い浮かべる方も多いと思いますが、土用とは、五行思想からなる二十四節気を補足する形で出来た日本独自の雑節(ぞうせつ)のことです。雑節とは二十四節気は中国から伝わったもので、日本の生活文化(特に農民のくらし)に合わなかったことから、日本の気候風土に合わせて作られたものです。

土用の季節は四季毎にあります。立春・立夏・立秋・立冬に入る前の約18日間の調整期間のことを土用の季節と言います。

二十四節気とは

二十四節気とは、古代中国から伝わった春夏秋冬を二十四分割したものです。「小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至」からなります。日本では旧暦として今でも使われています。

五行の季節と五味

五行季節五味五穀
芒(大麦・小麦)
散(黍・黍団子)
土用萃(粟)
房(ゴマ)
鹹(塩)筴(小豆)

土用の味は「甘」です。特に夏の土用の時期には様々なものが甘くなります。夏のウナギは代表的ですが、果物やキャベツ等も甘に分類されます。

※「五穀」は何であるかは決まっていません。「古事記」によると稲・麦・粟・大豆・小豆「日本書紀」稲・麦・粟・稗・豆となっています。

土用の季節の注意

土用の時期は、土に関すること(家の基礎工事や引っ越し)は、土の神様「土公神(どこうしん」の怒りに触れるとされ、避けられています。しかし、土用の季節は季節毎に約18日間あり、年間72日あります。この間、土に関することが出来ないとなると不便なため間日が作られました。なんでも間日には、土公神が天界に帰っているとか・・
季節の変わり目は、疲れが出やすく体調を崩される方が多いですね。土用は浄化の時期と捉え、新しい季節を迎える準備期間として静かに過ごしましょう。

冬土用寅・卯・巳の日
春土用巳・午・酉の日
夏土用卯・辰・申の日
秋土用未・酉・亥の日

2021年の土用の季節

冬土用1月17日~2月2日(2月3日立春)
春土用4月17日~5月4日(5月5日立夏)
夏土用7月19日~8月6日(8月7日立秋)
秋土用10月20日~11月6日(11月7日立冬)


関連記事