toggle
2022-03-27

牡羊座の新月・2022年4月1日(金)

ギリシャ神話で牡羊座は、ヘルメスがゼウスから預けられた黄金の羊です。黄金の羊は空を飛び人間の言葉を話すことが出来たと伝えられています。12星座の始まりである牡羊座は猪突猛進な面もありますが、自分の気持ちに素直でエネルギッシュです。それでは4月の新月です。

牡羊座
Ted ErskiによるPixabayからの画像

牡羊座の新月

牡羊座の新月2022年4月1日(金)15時26分

ボイドタイム 

4月の新月は、8ハウス牡羊座11度で起こります。ASCは乙女座9度「影の向こうを見ているふたつの頭」、他者の中に自分を見て、自己の観念に気付くサビアンシンボル。月と太陽は8ハウスにあり、8ハウスにはアセンダントの支配星である水星もコンジャンクション(0度)として入ることから、4月の新月は8ハウスがテーマとなります。

月と太陽はMCとセクスタイル(60度)、5ハウスの冥王星とクインタイル(72度)を作り、同時に7ハウスの木星と海王星のコンジャンクションとも繋がります。クインタイルは、創造や自己表現を意味するマイナーアスペクト、8ハウスは国家の財産や債務を意味する部屋ですので、次の新月までの間、未来に向かって大きな計画が立てられる時期となるでしょう。それにしても、今の国の代表者たちは運が良いと思います。太陽と月のサビアンシンボルは、牡羊座12度「野生の鴨の群れ」です。宇宙のリズムの乗って発展して行く度数であることから、壮大な計画は静かに動いて行きますが、実際に体感することが出来るのは、少し先のこととなるでしょう。

今回の新月に対し、個人の出生図が良いアスペクトを作る場合、具体的な未来を描き実行に移して行くと良いでしょう。

サビアンシンボル・牡羊座12度「野生の鴨の群れ」

牡羊座12度「野生の鴨の群れ」は、鳥たちが自然に集まり集団飛行をするように、自然や宇宙の流れに身を投じ、あるがまま生きることに憧れを抱くサビアンシンボルです。あらゆる可能性を探求する天秤座12度「鉱山から出てくる炭鉱夫」の影響もあり、今回の新月では、同じ魂を持つ仲間たちへ影響を与え受けつつ、静かに発展して行くでしょう。

牡羊座の新月

4月の牡羊座の新月は8ハウスで起こります。8ハウスは継承されているものを意味する場所ですので、今回の新月では魂の仲間たちとの関係、親しい人との繋がりについて願いを掛けてみてはいかがでしょうか。

移り変わる気持ちや出来事に右往左往するのではなく、人生の大きな流れを把握し計画を立てて行くと、未来は幸運とチャンスを運んで来てくれます。自分自身への理解を深め、運を味方につけて、日々を創造して行きたい方はセッションをご依頼ください。

k-e-k-u-l-éによるPixabayからの画像
関連記事