toggle
2020-12-18

木星の水瓶座サインイングレス

2020年12月19日(土)22時7分頃、木星が水瓶座サインへ入ります。ご存じの方も多いと思いますが、木星は幸運の星と言われる天体です。物事を拡大や保護すると言う意味が与えられているため、木星が滞在しているサインを象徴する出来事が発展・流行すると言われます。木星は、2020年12月19日~2021年5月13日まで水瓶座サインに滞在し、5月14日~7月28日まで一時的に魚座サインに入ります。(魚座には0度~2度まで移動します。)再び7月28日に水瓶座に戻り、12月28日まで水瓶座サインに滞在することになります。水瓶座は個を大事にするサインです。象徴するものは、テクノロジー、インターネット、機械、AI、多様性、精神などの新しい意識の発展が期待できます。既に今年、強制的にリモートワークなどを経験された方も多いと思いますが、更に工夫されて行くのでしょう。

また、個人への影響としては、自身の太陽と木星が良い角度でアスペクトを作る時期は、物事が順調に進むなど幸運を実感しやすいです。2021年木星の幸運を体験することが出来そうな人は、水瓶座・天秤座・双子座の風のサインに太陽などの個人の主要天体がある方たち。蟹座・蠍座・魚座の水のサインに前半度数に個人天体がある方たちです。木星は「来年はツイてる年なんだ~ラッキーなことがあればいいな~」とぼんやり期待して待つのではなく、具体的に実現したいことなどの目標を立て、良い時期に行動することでチャンスを掴むことが出来るものですので、積極的に使って下さいね。

CouleurによるPixabayからの画像
関連記事