toggle
2019-01-15

自分の星・比肩星

四柱推命の天干星(変通星)・比肩星は、皆が必ずひとつは持っている自分の星です(自分とは自我のこと)。一般的に命式や五行図に比肩星は、男性はしっかりある方が能動的に生きることが出来るので良く、女性は少ない方が受動的に生きることが出来るので良いと言われますが、この考え方は時代に合わなくなって来ていますね。男女問わず、能動的であろうとも受動的であろうとも個性のひとつとして捉えて行きたいものですね。それでは、比肩星の特徴を見ていきましょう。

比肩星の特徴

比肩星の基本的な意味は、人との分離、独立、頑固、マイペース等です。ここでの分離とは、人生において他者との物質的な別離が発生しやすいと言う意味もありますが、自分と他人を切り離して考える、マイペースさがあると言う意味でもあります。また、比肩星においての頑固とは、頑固であるからこそ、自分と言うものがあり、良い意味で周りの意見に左右されず、自分を貫く強さや少々のことでへこたれない強い精神力を持っているポジティブな意味になります。生きて行く上で大事な自分軸がしっかりしているのは比肩星の強みです。

命式や五行図に比肩星を多く持つ人は、自分を貫き人生を創造して行かれる方ですが、迷いや不安を感じない強くて図太い人と言うことではありません。比肩星は、頑丈な岩のように派手な表現はしないものの、人として当然の迷いも不安も感じる時もありますので、ただ強い人だと決めつけないことです。

比肩一貴

下記の命式表は、NHKの朝ドラの主役をされたことがある女優さんの命式表です。彼女は比肩星が並ぶ「比肩一貴(ひけんいっき)」と言う命式の方です。比肩一貴は、比肩星がより強調される命式となり、一匹狼のように人に媚びることがないが、あっさりとしていて行動力もある個性の強い性質と言われます。また、この命式は戊が並ぶため、変化を好むタイプではないのでしょう。

朝ドラ放送後、ドラマやCMに引っ張りだこになる女優さんもいらっしゃいますが、彼女の場合、それほど露出が増えたように見えませんでした。中世的な雰囲気で明るく綺麗な顔立ちをされているのに、人気と言うのは分からないものだと思います。

比肩星の命式表

タロットカードから見る比肩星

タロットカードで比肩星を表すと「皇帝」ではないでしょうか。タロットカードの皇帝は、一見すると立派な椅子に腰かけているように見えますが、石造りの椅子は座り心地が良いものではないでしょう。また、皇帝の羽織る深紅のマントの下には、直ぐにでも戦いに出られるような装備を身に着けていることがわかります。皇帝の表情は険しく、穏やかで安定している訳ではないことを物語っています。自身の立場を不安視しているようにも見えますし、国を守る部下たちを心配しているようにも見えます。ただ、それらの不安を表に出すことも許されないのが皇帝なのではないでしょうか。

ウェイト版タロットカード皇帝

タロットカードの皇帝からイメージ出来る人は、頼りになる人。権力者。孤独に強い人。忍耐力のある人。一匹狼。活動的な人。 頑固な人。理性的な人。信念の強い人などですが、比肩星のイメージと近いですね。皇帝が優柔不断だと皆が不安になります。権力を振りかざし、暴走してしまうと誰もついて来てくれません。適度な柔軟性とバランス力が求められる皇帝は孤独ですが、とても強く信頼できる人です。

まとめ

命式表に比肩星を多く持つ人。五行図に比肩星の数が多い人は、自分の世界を大切にしながら主体的に生きる人です。マイペースな比肩星を多く持つ方は、孤独に強い傾向があるため、とっつきにくい印象を与えることもありますが、さっぱりとしていて付き合いやすい方です。しかし、その魅力が他者に伝わり難い面もある比肩星ですので、出来れば積極的に人と関り、視野を広げて行くとより発展するでしょう。

また、比肩星の方に限ったことではありませんが、迷いや不安が生じた時、決して自分を責めたり、自分以外の人になろうと他人の意見に左右され、自分を偽る必要はないものです。自分自身への理解を深め、運を味方につけ人生を創造して行きたい方はセッションをご依頼ください。


関連記事