toggle
2022-03-09

乙女座満月・2022年3月18日(金)

2022年3月の満月は乙女座27度で起こります。満月のジャストタイムは16時18分です。

乙女座の満月

2022年3月18日(木)16時18分

2022年3月18日 満月図

3月の満月は乙女座27度にあり、アセンダントは乙女座9度・サビアンシンボル「影の向こうを見ているふたつの頭」です。1ハウスの月は7ハウスの太陽、海王星とオポジション(180度)、冥王星とトライン(120度)を作りますが、魚座の太陽の入る7ハウスに太陽、海王星、木星、水星の4天体が入ることから、魚座のエネルギーが強い満月となるでしょう。

太陽の入る7ハウスは諸外国とのコミュニケーションが活発になることを表していますが、太陽と海王星が重なっていること、水星と天王星がセクスタイル(60度)を作ることから、新しい取り組みのための交渉事などは話が大きくなる可能性も秘めていますが、同じく7ハウスに木星がありますので、不利な展開とはならないでしょう。

乙女座の月と山羊の冥王星のトライン(120度)、冥王星と太陽のセクスタイル(60度)は、次の新月までの2週間は、断捨離やデトックスを意識して過ごすと良い時期となります。

月のサビアンシンボル・乙女座28度「スキンヘッドの男」

月のサビアンシンボルは、乙女座28度「スキンヘッドの男」です。次に控える天秤座の影響が出て来ており、曖昧なものを排除して新しい形へ変えて行く度数です。対極の太陽のサビアンシンボルは、魚座28度「満月の下の肥沃な庭」は、宇宙原理の原理に触れるような体験をして精神的に成長して行く度数であることから、満月の日は、変化の訪れによって少し驚くようなことがあるかもしれませんが、時の経過とともに突破口が開かれたことを感じられるでしょう。

移り変わる気持ちや今日の出来事に右往左往するのではなく、人生の大きな流れを把握し具体的な計画を立てて進むことで、未来は幸運とチャンスを運んで来てくれます。自分自身への理解を深め、運を味方につけて、日々を創造して行きたい方はセッションをご依頼ください。

Hans BraxmeierによるPixabayからの画像
関連記事