toggle
2020-10-01

牡羊座の満月(2020/10/2)

10月になりましたね。今年は猛暑だったので秋が待ち遠しかったです。十五夜・中秋の名月から始まった10月は、翌2日が満月です。(牡羊座6:06)10月の満月を「ハンタームーン」と言うそうです。本格的な冬になる前に狩りを行う時期だからでしょうね。そして、10月は満月が2度あります。2度目は10月31日(牡牛座23:50)です。次回の満月はブルームーンです。

10月2日の満月は、牡羊座にあります。満月はキロンと重なっていて、自分の弱さや甘さ、過去の癒されていない心の傷、ショックな出来事が蘇ってしまうなど、一時的に不安になってしまう方もいるかもしれません。例え、不安や悲しみと時間を過ごすことになっても、それは本当に一時のものです。襲って来る感情は間違いなく過去のもの。あなたがネガティブな感情を爆発的に表現するアーティストではない限り、情緒的になり過ぎることで得るものはきっと多くはないでしょうから、積極的に気持ちの切り替えを行って下さい。

「どうしてわたしがこんな目にあうの?」もはやこの問いかけをしなくなったとき、「手放し」が起こります。

「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え」エックハルト・トール

悲しみの原因に正当な理由があったとしても、自己の中にエゴと言う観念が無ければ感情は留まっていないものです。その怒りや悲しみはエゴであり、本当のわたしではないことを知ることは、自分を愛することに繋がります。

2020年10月2日 満月図

月は6ハウス、未だ収まるところを知らないコロナの勢いは、冬に向かって増して行くのでしょう。コロナのワクチンが無料接種出来るようになるそうですね。私の住む大阪では、インフルエンザワクチンも高齢者は無料になるとか何とか・・更年期の人も無料にしてくれないだろうか。

太陽は12ハウス、12ハウスは秘密の部屋。ここに太陽が入ると国民からはわかりません。政府のほんの一部の人だけしか明かされない、内々の交流に力を注ぐ。

今回の満月図で気になるのは、ICにコンジャンクション(合)している木星です。土地を意味する4ハウスにある木星、冥王星、土星と、同盟国を意味する7ハウスにある火星とスクエアです。9月29日に火星と土星がタイトなスクエア(90度)になり、続いて10月9日に火星と冥王星。新月を過ぎて10月19日に火星と木星。火星は事故などを示す無視することが出来ない天体です。今回の異常事態は経済的なダメージになるのではないでしょうか。同盟国の金融・経済が荒れると日本も影響を免れることは出来ませんね。金融取引をしている方は慎重に。※満月図の影響は全体的なものですが、個人への影響度合いは出生図によって異なります。

2020年も残り3か月となりましたが、一年はあっと言う間に過ぎますね。今年は特に時間の流れを早く感じられている方も多いのではないでしょうか。刻々と年末に向かって気持ちが競って来ます。同時に弱気にもなりやすい時期ですので、季節と心の動きを観察しながら焦らず過ごしましょうね。

関連記事