toggle
2019-08-23

深夜に枕元で祝われた話

今日は霊的な世界の話を書いていますが、 怖い話ではありません。「深夜で枕元で祝われた話」です。呪われた話ではありませんので悪しからず・・

数年前、突然『おめでとうございますー!!』と耳元で叫ばれ、(叫ばれたように感じた。)びっくりして、飛び起きたことがあります。深夜2時過ぎでしたが、リーンゴーンと謎の鐘も鳴り響いており、あまりにもの祝いっぷりに、私、誕生日だった・・??と思う程でした。誰だか知らないけど、めちゃくちゃ祝ってもらえたので、宝くじでも当たるのかもしれないと楽しみにしていましたが、未だに当たる気配はありません。その後、祝福されるようなこともありませんでした。人違いだったのかもしれませんが深夜に起こされて、とても迷惑でした。

霊的存在との交流

いつから区別がつくようになったのか、はっきり覚えていないのですが、子どもの頃、生きている人間とそうではない人の区別があまりついていませんでした。今思えば、怖い存在ではなかったのですが、夜中にふらりと遊びにやって来る、いわゆる霊的存在は怖く感じていて、どれだけ暑くても布団を頭からかぶって眠っていました。

最近は、生きている人間の方がよっぽど怖いと思うことがあるので、霊的存在を怖いと思うことは無くなりましたが、夜中に遠慮なく話し掛けてくる人には迷惑をしています。気持ちよく寝ている時に起こされたくないのは、きっと私だけではないはずです。

覚めない夢

私たちは、悲しみと同時に喜びを感じることはできませんが、肉体を持たない多次元的存在たちは、同時に様々な次元に存在する全てを体験することができるようです。このようなことを耳にして「あぁ。そうだよね。わかる。わかる。」と完全に腑に落ちる感覚を得ることが出来ないように、私たちは、自分が生きている世界が真実であり、全てだと思っている節があります。実際は、どちらが本当なのか、確かめる術はありません。

こんな風にわからないこと、わからなくて良いことは沢山ありますが、生きている人間と霊的世界との間は、はっきりした境界など無いのでしょう。境界など無いことがはっきりしてしまうと私たちの認識している世界が根底から変わってしまうので、夢は覚めないように出来ているのでしょうね。

関連記事