toggle
2021-02-01

タロットカード「5.法王/教皇(THE HIEROPHANT)」の意味

タロットカード大アルカナ・法王(教皇)は「許可」を意味するタロットカードです。皇帝(THE EMPEOR)の元で社会秩序を学んだ愚者は、伝統や規律を教える法王(教皇)と出会います。「許可(する・される)」をポイントとして、タロットカード法王を捉えるとタロットカードリーディングの理解が深まります。

ウェイト版タロットカード法王
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード大アルカナ「法王/教皇(EMPERANCE)」

タロットカード「法王/教皇(EMPERANCE)」に描かれているもの

背景は白色(灰色に見えますが白と見ます)。十字架が3つ並んだ赤い服。三重十字架。三重冠。足元にある鍵。赤い薔薇と白い百合を着た信者。

マルセイユタロットカード・法王/教皇(Le Pape)

マルセイユタロットカード法王
CBD Tarot de Marseille by Dr. Yoav Ben-Dov, www.cbdtarot.com

マルセイユタロットカード法王(教皇)、ウェイト版と同じく神に救いを求める信者に教えを説いています。真正面を見つめるウェイト版ですが、マルセイユ版の法王(教皇)の視線は右へ向かっています。

数字「V(6)」

「6」バランス・調和・自然を表す数字。

タロットカード「法王/教皇(EMPERANCE)」から見えて来るもの

タロットカード法王(教皇)には、法王(教皇)の足元で救いを求める2人の信者、弟子たちの罪を許し迎え入れる宗教界の最高権威者が描かれています。法王(教皇)の冠・手に持つ十字は三位一体。伝統や規律を守ることで精神の安定を得られます。法王(教皇)は常に謙虚な気持ちを忘れることなく、周囲との調和を学ぶことで精神性と社会性を学びことが出来ることを表しています。法王(教皇)には、結婚や入社などの意味もありますが、これらも許し許されると解釈することが出来ますね。常識を守るからこそ社会に守られ信頼を得ることが出来ます。法王(教皇)が逆位置の場合、利己的な考えで判断を誤ることを意味します。一度足を踏み外すと元に戻ることは出来ない訳ではありませんが、信頼を取り戻すには長い時間が掛かります。客観的に物事を判断し、周囲への思いやりを忘れないようにしましょう。

正位置の意味

受容・許す・許される・精神・信頼・保守・結婚・常識・規律・調整・伝統

逆位置の意味

排他的・狭量非常識・妄信・狂言・不信・自己完結・極端

「法王/教皇(EMPERANCE)」と対のグループのタロットカード

15.悪魔(THE DEVIL)

ウェイト版タロットカード悪魔
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

タロットカード「法王/教皇(EMPERANCE)」の対応星座

タロットカード法王(教皇)の対応星座は牡牛座です。牡牛座は12星座2番目のサインです。保守的で確実性を求める牡牛座は地のサインであり、支配星である金星は楽しみや欲望を意味する天体ですが、それぞれの結果を得るために努力をします。牡牛座を支配星に持つタロットカード法王(教皇)は、保守的ではありますが堅実で信頼を大切にします。

牡牛座
Ted ErskiによるPixabayからの画像

「法王(教皇)(EMPERANCE)」の次は「恋人たち(THE LOVERS )」です。

関連記事