toggle
2019-01-20

「偏官星」から見るそれぞれの人生のテーマ

あなたは、「何のために生きているんだろう?」なんて思ったことはありませんか?私は一時、何のために生きてるんだろう。もう嫌だな~なんてよく考えていたことがありました。ネガティブですけど、人間、誰しも悩む時もありますよね。

自分の生きている意味がわかったら、心のモヤモヤが晴れて、何かが解決するかどうかは私にはわかりませんが、持って生まれて来た「人生のテーマ」が分かれば、あなたの抱えている悩みが少し軽くなるはずです。何故って、私たちはそれぞれが人生のテーマを決めて生まれて来ていて、そのテーマに沿った生き方をしていると物事が順調に進みますし、そうではない場合、壁にぶつかるように感じられるからです。

今回は、変通星の中の「偏官星」を中心とした記事になりますが、偏官星以外の星を中心星に持つ方についても触れそれぞれの人生のテーマについて書いています。

「偏官星」から見るそれぞれの人生のテーマ

・中心星とは

中心星とは、主体星とも言われますが、その人の個性や性質などの先天的要素が表れる星のひとつです。これらの先天的要素は生年月日によって選ばれた変通星によって定められますが、同じ日に生まれたからと全く同じ性格になると言うことはありません。それは、先天的要素にその人が育って来た環境など、人格形成に強く影響を与える後天的要素が加わることで、先天的要素のどのような面が強く表れるか違って来るからです。

マル〇で囲っている部分が中心星です。

四柱推命 偏官星

こちらのサイトからあなたの中心星を知ることができます。

・偏官星とは

変通星の中でも「偏官星(へんかんせい)」は、比肩星から数えて7番目にあたる強い星であるため、「武官の星」「七殺」と言われています。

吉凶ある星の中では、偏官星は自分を剋す星であり凶星にあたります。つまり、命式の中にこの星を持っていると人生において、凶の作用が働くと言うことですが、言い換えてみると、それに耐えられるだけの精神を持つ、逆境に強い人だと言うことが言われます。(偏官星を抑える星があるなど、星の出方によって違いがあります。)

四柱推命を学び始めて変通星に吉凶があることを教わり、凶星である偏官が自分の中心星に居座っていることを知り落ち込んだのは私ですが、鑑定の際は命式全体を見て判断するので、命式に凶星の偏官を持っているからお先真っ暗だなんて思う必要はないと教えて頂きました。それにしても「七殺」だなんて、もっと良い言葉は無かったのかと思います。

・偏官星の特徴

偏官星は「活動」の星です。仕事の星とも言われます。吉星である「正官星」も活動の星ですが、今回は「偏官星」に焦点を合わせて話を進めますね。

偏官星は、男性的な星だと言われ、時に大胆な行動を起こします。行動的な偏官星はじっとしていられないのが特徴で、湧き起こる衝動を抑えることが苦手です。変化をしながら成長をして行きます。 「飽きっぽい」「落ち着きがない」と表現されることもありますが 、直感的、活動的であるため物事に執着が少ないタイプが多いです。 偏官星の影響が強い命式の方は、変化の多い人生を歩む傾向があると言われます。

これだけですとあまり凶星とは感じませんが、様々な命運に偏官星が巡って来た時、均等が取れていないと人生に波乱が起こりやすいため、慎重に扱う必要があり、反対に変化が欲しい時(転職や転居等)などは、この星が巡って来た時、上手に利用すると良いと言うことです。この辺りは、個人の命式によっても違いがあるため一概には言えない部分です。セッションでご質問頂けますと詳しく説明致します。

・タロットカードから見る偏官星

偏官星を、タロットカードで表すと「THE CHARIOT(戦車)」ではないでしょうか。故郷の町を背にして、二頭の馬・・ではなく、スフィンクスを走らせる若者は、新しい時代の象徴です。
「戦車」は、エネルギッシュで、迷いがなく、前進あるのみのタロットカードです。偏官星のイメージがありますよね。

偏官星とは、大アルカナ7番目のカードと言うのも共通点があります。私が知らないだけで「偏官星」と「戦車」には、何か繋がりがあるのかもしれませんね。数字の「7」は、前進や向上心、物事をコントロールする数字なので、こちらの影響かもしれません。

タロットカード 戦車
Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像

戦車が弱気だと愛する家族を守れません。計画性に欠けていれば戦車もろとも壊れてしまうでしょう。強気な行動力と冷静さを持っている人が戦車なのです。「戦車」からイメージされる人は、強気で強靭な精神の持ち主。守りたい家族のために突き進む、勝気だけど律儀な人です。

・偏官星を中心に持つ人の人生のテーマ

主体星に偏官星を持っていたり、偏官星の影響が強い命式を持つ場合、偏官星を活かすためには、変化を恐れないことです。

偏官星は、活動の星なので、同じ場所に留まるような、閉鎖された空間を連想されるものが苦手です。
実際、偏官星を中心星に持つ人は、「心のまま突き進んでいます。」マイペースで女性でもどこか強さを感じられるタイプの方が多く、群れるのが苦手です。マイペースと言っても、人間ですから、時には不安になって立ち止まることもあるものです。
もしも悩んでしまった時は、自分の性質として持っている偏官星が力になってくれると信じて前進しましょう。
きっと運命が味方になってくれるでしょう。

・変通星の人生のテーマ

・比肩星・・・自分に負けず信じていることを貫くこと。

・劫財星・・・強気になり過ぎず目標達成を楽しむこと。

・敗財星・・・ 周りを気にせず自分のペースで目標を達成を楽しむこと。

・食神星・・・遊び楽しみながら周囲との調和を大切にすること。

・傷官星・・・直感とセンスを活かし強く優しく生きること。

・正財星・・・自分を労わりながら何かを積み重ねて行くこと。

・偏財星・・・自分を大切にしながら人との関わりを楽しむこと。

・偏官星・・・周囲との調和を大切にしながら行動する喜びを感じること。

・正官星・・・本質を大切にしながら責任を全うすること。

・偏印星・・・人と違ったアイデアを活かしながら調和を取ること。

・印綬星・・・知識を活かし周囲との関わりを楽しむこと。

ざっくりでごめんなさい。変通星については徐々に書いていきますね。これらの中心星やその他の星、それぞれが持っている運勢の流れから方向性が見えて来ます。

・中心星を活かすことが出来ない時

自分の主体星や影響力の強い星を使わない生き方をしていると何故だか上手くいかない。なんか違う。と思う出来事が起こります。

偏官星と同じ官星グループの正官星も、活動的な星です。官星は仕事の星なので、正官星を中心星に持っていたり、この星の影響が強い命式を持っている場合、家で大人しくしているのは苦手です。事情があって仕事に出ることができない場合、外との関わりを持つことで活発なエネルギーを上手く発散することが出来ます。

私の主体星は偏官星です。遠い記憶の出来事になりますが、かつて専業主婦だった時、仕事をしていないことに言い知れぬ焦りや不安を感じました。それでも私は、外で働くことに生き甲斐を感じるタイプではないので、矛盾する気持ちに不安を感じたのを覚えています。その時は、貧乏暇なしが身についてしまっているからなのか?と思うことで片付けていましたが、四柱推命を学び、当時感じた言葉で上手く言い表せない不安感が理解出来ました。また、衝動的なところがあるので、これも偏官星の影響なのではないかと思います。

・命式に善し悪しはない

命式全体に凶星が多く配置されている場合、逆境に強い性質を持っていると判断するため、基本的に「悪い」命式と言うものはないのです。
逆に、吉星ばかりですと無理は出来ないと教わりました。
無理と言うのは逆境に弱いと言う意味ですが、それでも全体的に命式が良い人は、真面目に生きていれば順調な人生を送ることが出来るそうです。

それでも、吉凶関係なく真面目に生きるのは大事なことだと思います。

・まとめ

四柱推命とは、自分が生まれて来る前に決めて来た宿命をどのように人生に活かせば良いかを知るのに適しています。

自分にとって影響力の強い星が何かを知っているだけでも、生き方そのものに色が付きます。また、その星の特徴をどのように人生に活かすかを考えると良い流れに乗ることが出来るでしょう。

それでも、主体星が~星だから~しなくては!と思い過ぎてしまいますと、自分がわからなくなってしまうこともありますので、
四柱推命とは、自分の特徴や気運を知り、人生に活用するぞ!と思うくらいの気持ちでお付き合い方をしてくださいね。

関連記事