toggle
2020-04-27

生まれた時間がわからなくても

自分の生まれた時間はご存じですか?生まれた時の記憶が残っている人でも、生まれた時は、時間の概念などない赤ちゃんだった訳ですから、自分の生まれた時間については、周囲の大人に尋ねるしかありません。しかし、生きて行く中で、自分の生まれた時間が気になる時や必要になる機会は少なく、自分の生まれた時間を知らない方の方が多いものです。

世の中には、多くの占いがありますが、占術によって得意、不得意とする相談内容があります。例えば、誕生日と生まれた時間がわからないと占うことが出来ないと言われる「命術・命占」で有名なのは、四柱推命や九星気学、西洋占星術などですが、東洋占星術である四柱推命では、正確な生まれた時間がわからない場合、鑑定結果が当たる確率が下がると考えます。西洋占星術では占うことが出来ない内容が発生しますが、実際には、正確な生まれた時間がわからない方は大勢いますので、大抵は占うことが出来ます。占いを受けてみようかと考えられている方は、自分がどのようなことを知りたいのかを明確にされてから占いを選ばれると良いでしょう。

生まれた時間が必要な占い

占いの種類

占いは「命術・命占」「相術・相占」「卜術」の3種類に分けることが出来ます。それぞれの得意とする相談内容、不得意な相談内容があります。

命術・命占(めいじゅつ・めいせん)

生年月日や出生地などの正確な個人の情報を元に命式を作り、人生の大まかな流れを導き出します。生まれ持った性格や才能など、先天的なものを占うのに適しています。また、2人の性格を占い、その関係性を知ることができるので、恋愛や人間関係の相性も得意です。人と人との相性だけでなく、発足した年月日が分かれば「会社と人」や「会社と会社」の相性も鑑定可能です。その反面、卜術のように相手の気持ちなど、身近な問題について占うことは不得意です。長年、研究がなされているため、当たると言われるのは命術・命占です。「黙って座ればぴたりと当たる」と言われるのも四柱推命ですが、黙って座っても、生年月日は必要です。

四柱推命・九星気学・西洋占星術・カバラ数秘術・算命学

相術・相占(そうじゅつ・そうせん)

物の形や様子から運勢や吉凶を判断して開運へ導く占いです。姓名判断や手相や人相、風水などは有名ですね。風水や家相などは、命術・命占いの思想が基盤にあるものが多いため、命術・命占寄りです。卜術のように相手の気持ちなどを占うことは不得意です。

手相・人相・家相・風水・姓名判断・地相・墓相

卜術(ぼくじゅつ)

偶然性から現在の問題と解決策、自分や人の気持ちを導き出す占うことが得意なため、タロットカード占いなどは、恋愛相談に人気があります。ただし、大体3カ月くらい先の未来しか見ることが出来ないと言われています。命術・命占のように運勢を占うことは不得意です。

タロット・筮竹・周易・ルーン・オラクルカード。
新しく話題に上る占術は大抵がこちらの卜術にあたります。

生まれた時間を調べる方法

生まれた時間がわからない場合、 占い師によりますが、容姿や人となりから、ある程度の生まれた時間を推測することが出来ます。気になる方は、馴染みの占い師さんへ相談すると良いでしょう。馴染みの占い師さんが良い理由は、初回では、あなたの人柄などが分からないためです。反対に数分お話しただけなのに出生時間を定めて来る占い師さんには注意する必要があるかと思います。

四柱推命では、つむじの位置や寝相から出生時間を推測する方法があります。例えば、仰向けに寝ることが多い方は、23時~1時。5時~7時。11時~13時。17時~19時生まれ。横向きに寝ることが多い方は、3時~5時。9時~11時。15時~17時。21時~23時。うつ伏せで寝ることが多い方は、1~3時。79 13時~15時。19時~21時だと言われます。しかし、これらが何処からどのような経緯で割り出されているのか不明のため、実際に活用されている占い師も少ないでしょう。

まとめ

上記に記載している通り、生まれた時間がわからないと何も占うことが出来ない訳ではありません。事情があって生まれた時間がわからなくても、それらをネガティブに捉える必要はなく、知ることができないことにも必ず意味があるのです。

あなたの人生の全体像が伝えていることを読み取ろうと考えてください。それらは、あなたが思う形ではないかもしれません。他の人とは違うのかもしれませんが、あなたは、ご自分の運命を受け止めることができる器を持って生まれて来ているのです。

鑑定時には「流れに乗りなさい」というメッセージを受け取ることがあります。その際の「流れに乗る」とは、今が絶好のチャンスです。という意味もありますが、どちらかと言うと「頭でっかちに考えてばかりいるとちょっと頭を打ちますよ。また、頭を打ってから気付くのも良いですが、もうそんな古いことを選択してる時ではありませんよ。」と言う意味であることが多いです。占いを受けるのもタイミングの物だと思います。生年月日がわからない場合でも、占いの結果で得たことは何らかの形で人生に活かして行くぞ!と言う気持ちで占いを上手く活用してくださいね。

関連記事