toggle
2022-09-29

山羊座上弦の月・2022年10月3日(月)

2022年10月3日(月)はサイン山羊で上弦の月です。10月はエネルギッシュな火星と土星のトライン(120度)に引っ張られ、勢いで行動してしまいそうになりますが、2日に順行に戻ったばかりの水星、火星、海王星のTスクエアが冷静さを促す上弦の月。満月(8日)までの1週間は逸る気持ちを抑え地道に物事を進めて行くと良い時期です。

上弦の月
2022年10月3日 上弦の月

アセンダント蠍

蠍座23度サビアンシンボル:蠍座24度「男性の話を聞くため下山する群衆」今までの経験で得たものを活かす時。

ASCのアスペクト:冥王星、海王星、水星と小三角。土星とスクエア(90度)。

アセンダントは土星とスクエア(90度)を作り、頑固に自分の考えを推し進めようとするが、蠍の支配星である冥王星とのセクスタイル(60度)が、海王星、水星と小三角を形成し、自分の世界に凝り固まらず周囲をよく観察し洞察力を高めるよう促します。視点を変えると見えて来る世界を信じてみよう。

Yogattc ScholarshipsによるPixabayからの画像

山羊の月

月のサビアンシンボル:山羊座10度「手から餌を食べるアホウドリ」恐怖心の克服。

太陽のサビアンシンボル:天秤座10度「危険な流れを抜け安全な場所に辿り着いたカヌー」冷静な判断力。

月のアスペクト:太陽とスクエア(90度)。

経済不安が顕著に表れる。山羊9度のサビアンシンボルのアホウドリは恐怖心に打ち勝とうと果敢に挑戦しようとするが、感情に流されず冷静な判断が必要な時です。

山羊座10度
PublicDomainImagesによるPixabayからの画像

土星と天王星のスクエア(90度)

長期間、私たちに影響を与えている水瓶の土星と牡牛の天王星のスクエアは、今回も人々の期待と悪しき習慣を引きずる社会との間で緊張関係を生み出します。妥協の中にも希望はあり、葛藤を感じながら進めて行くことに意味があるのでしょう。

移り変わる気持ちや起こる出来事に右往左往するのではなく、自己への理解を深めていくと運を味方につけることができるようになります。人生を積極的に創造するために、星やガイドからのメッセージを受け取りたい方はセッションをご依頼ください。

上弦の月2022年10月3日
Big_HeartによるPixabayからの画像
関連記事