toggle

アスペクト

アスペクト

アスペクトとは、天体と天体の影響力を意味します。アスペクトの中でも強い影響力を及ぼすものは、コンジャンクション(0度)です。次にオポジション(180度)、スクエア(90度)と続きます。ホロスコープのアスペクトを見る際、ソフトアスペクトを喜び、ハードアスペクトを嫌う傾向がありますが、ハードアスペクトは、幸せを妨害する悪しきものではありませんので誤解しないようにしましょう。

アスペクトのオーブ(許容範囲):アスペクトのオーブとは、天体同士の角度を取る際、設けられている許容範囲の度数のことです。ネイタルチャート(出生図)の場合、一般的には5度~8度のオーブで作られます。アスペクトの影響は、狭い方が強力に作用しますが、無料ホロスコープ作成サイトでは、オーブの変更できませんので注意が必要です。

コンジャクション(0度)

コンジャンクション

2つの天体が同じ位置にある状態をコンジャンクション(合)と呼びます。天体の意味は強調されますが、コンジャンクションだけでは、ダウトフル(不確かなもの)と考えます。太陽と月のコンジャンクションは新月です。

オポジション(180度) 

オポジション

2つの天体が正反対の位置にあることをオポジションと呼びます。対立や緊張を表すハードアスペクトですが、互いに刺激し合うことで葛藤を生みますが、発展するためには必要なアスペクトです。太陽と月のオポジションは満月です。

スクエア(90度)

スクエア


2つの天体が90度離れた位置にあることをスクエアを呼びます。互いに圧力を掛け合い緊張状態をもたらすハードアスペクトですが、現状突破するための原動力となります。太陽と月のスクエアは上弦の月、下弦の月です。

トライン(120度)

トライン

2つの天体が120度離れた位置にあることをトラインを呼びます。大抵の場合、火地風水の同じエレメント同士となるため、互いの要素を理解し安定させるソフトアスペクトとなりますが、慣れ合いとなることもあります。

セクスタイル(60度)

セクスタイル

2つの天体が60度離れた位置にあることをセクスタイルと呼びます。トラインのような相互関係を生み出すソフトアスペクトですが、トラインより安定感が弱くなります。

ノーアスペクト

ノーアスペクト

10天体同士のメジャーアスペクトがないものをノーアスペクトと呼びます。天体のみでは、良いも悪いも影響力を与えることがないため、あまり役に立たない天体と考えます。

インコンジャンクト・クインカンクス(150度)

インコンジャンクト・クインカンクス

2つの天体が150度離れた位置にあることをインコンジャンクト( クインカンクス )と呼びます。 2つの資質を調整することで摩擦が生じるが、努力によって発展する可能性があります。インコンジャンクト( クインカンクス )は、マイナーアスペクトとなるため、オーブは±2.5度です。チャート上にセクスタイルがある場合、ヨードを形成する可能性があるため、注意が必要なアスペクトです。