toggle
2019-06-15

期待との付き合い方

スピリチュアルカウンセラー&占い師のTomocoです。
今回は、スピリチュアルカウンセリングや占い師としてお悩みをお伺いしていく中で、
「期待との付き合い方」について、私が感じたことや私自身の経験を交えて書いて行きたいと思います。

猫と期待

13年ほど同居している猫は、ドライフードより缶詰めやパウチに入った軟らかいご飯を好んで食べます。
彼の食事への執着は凄く、猫缶がある時は美味しいご飯が貰えることを期待して1日を過ごし、猫缶の在庫数を記憶しているのか何なのか、家に猫缶がある限り、猫のお世話係である私の行動をじっと横目で観察をし続け、少しでも猫缶に近寄ろうものなら走って来てご飯を催促します。

そうは言っても、毎回、好きなものばかり食べさせる訳にはいかないので、悲しそうな彼の顔が想像できても、私はドライフードを手にします。

期待通り猫缶を得た時は、満足したのか名前を呼んでも反応さえしなくなる徹底ぶりには色々と考えさせられるものがありますが、猫と言うのはそう言う生き物なのでしょう。

しかし、よく考えると人間も願いを叶えて欲しい時は必死に相手の顔色を伺ったり、神頼みをしても、願いが叶うとそっぽを向いてしまう。なんてことありますね。

茶トラ猫

願いごとへ注ぐエネルギー

時として、いくら努力をしても願いが叶わないことがあります。
そして、期待が大きければ大きいほど、期待した通りに望みが叶わなかった時、状況を受け入ることができず、落胆も大きいように思います。

例え望み通りにならなくても、不幸のどん底に落ちる訳ではないのですが、結果が伴わないと全てが無駄になってしまったかのような錯覚に陥ってしまうのは、それだけのエネルギーを願い事へ注いでしまったからなのでしょう。
夢や希望を持ってはいけないと言うことではなく、願いへ注ぐ期待は少ない方が良いでしょう。

幸せを限定しない

期待をしてしまうのは、願いが叶うと幸せになれると思い込んでいて、それが起こらないと不幸だと思っているからですが、思い描いた通りになることと、あなたの幸せはイコールとは限りません。

一見、不運に見えるようなことが、思い返してみると実はついていたと言うこともありますね。

既に満たされている幸せに気付く

猫缶が貰えることを期待して、ソワソワと落ち着きなく過ごす猫になるより、満たされている現状に気付くほうが幸せですね。

少なくとも、このブログを読んで下さっている方の周りにはたくさんの幸せが散りばめられているはずです。
上手くいかないことがあったとしても、悩みごとがあっても、あなたは幸せの中で生きています。
そんなことない。自分は不幸だ。と思う場合でも、見渡せば満たされているものが沢山見付かるでしょう。

しばらくの間、足りないものではなく、既に満たされているものに目を向けて上手に「期待」と付き合いましょう。

関連記事