toggle
2019-06-01

一歩踏み出す勇気が欲しい時にしてみるといいこと

スピリチュアルカウンセラー&占い師のTomocoです。
今回は、スピリチュアルカウンセリングや占い師としてお悩みをお伺いしていく中で、
「一歩踏み出す勇気が欲しい時にしてみるといいこと」について、私が感じたことや私自身の経験を交えて書いて行きたいと思います。

人生は、挑戦の連続だと言いますが、既に挑戦の流れの中ならやり遂げることが出来るものの、落ち着いている状態から挑戦しようと思う場合、なかなか勇気がいるものですよね。

ご相談頂くお悩みの中で、「挑戦してみたいことがあるけど、一歩踏み出す勇気がないです。」とお話しされる方がいますが、そのように悩むことができると言うことは、とても幸せな環境と時間を与えられているのだと思います。
嫌味でもなんでもなく実際にそうなのです。

世の中には、「自信がない」「勇気がない」と怖がる間もなく、世間の荒波に放り出される方が大勢います。(本当の所は、準備期間を与えられていたのだけど、その間、色々と理由付けてなにもして来なかった。と言うこともあります。)
ある意味、いきなり放り出される方が必死で勢いがありますが、人生どちらか選べるのであれば、様々な面で余裕があるうちにスタートを切りたいですね。

何を恐れているのか

そうは言われても、私はその人じゃないし、自信がないのは変わらない。と思ってしまう場合、闇雲に「怖い、できない。」と言って今日を終えてしまうのは勿体ないです。

自分は一体、何を恐れているのか?心を見つめてみましょう。

恐れ書き出す

「恐れているもの」紙に書き出してみましょう。
スマホに打ち込むでも良いと思いますが、アナログな私は紙派です。

何に対して自信がないのか。。。

何が怖いのか。。。

出来ない理由は何か。。。

思いつくまま書き出しましょう。
書き出して行くと実感できますが、恐れは恐れている自分の心があるだけなのです。
つまり、恐れは実体のないものなのです。

ひとつずつ片付けて行く

自分の中の恐れを知ることが出来た後は、ひとつずつ問題を片付けて行きましょう。
問題とは、自分が「問題と思っていること」です。

自信がないなら、自信をつけるためにはどうしたらいいでしょう。
中には経験を積むしかないこともあります。
経験を積むしかないなら、地道に経験を積むことで問題は解決したようなものですね。

一歩踏み出す

どのような悩みでも当てはまることですが、心は心に対して真摯に向き合えば、理解が深まり自分との向き合い方も上手になります。
そして、現実的に取り組むこと自体がもう既に一歩踏み出しているのです。

モヤモヤを繰り返していても、変わらない現実がただ過ぎて行くだけです。
思い切って自ら作り出している幻想を超えて行きましょう。

関連記事