toggle
2019-01-16

引き寄せの法則

時々、引き寄せの法則とは本当なのか?とご質問頂くことがあります。
引き寄せの法則は、ある意味、本当だと思います。
引き寄せと聞くと、自分にとって認識しているもの、都合の良いものを引き寄せるイメージがありますが、同じ波動を発するものを引き寄せるのですから、ネガティブだと思うものまで引き寄せてしまいます。
そのような意味で、波動の法則をしっかり理解せず、願望実現と言うことだけに軸を置いて過ごしてしまうと、思わぬトラップにはまってしまう可能性もあるでしょう。

私も、17、8年ほど前のことですが、知人からジョセフ・マーフィーさんの本を紹介され、実践したことがあります。
初めて引き寄せの法則を知った時は、嘘だろう、正気なのか、ヤバい奴に会ってしまったと知人に対して冷たい視線を送ってしまいました。
中でも、「眠りながら成功する」と言う本については、いくらなんでも都合良すぎるだろうと思って手に取りませんでしたが、その後、自分の力ではどうすることも出来ないことがあり、都合よく、しれっと本のことを思い出したのでした。
当時は、どうしても叶えたい!と言う思いが強かったので、かなり力んでいましたが、2週間程で願いは叶いました。
思い返してみると、その時は、そうなると完全に信じていました。
多分に引き寄せの成功を握っているのは、この「完全に信じていた。」がポイントなのでしょう。

色々な本や話題になった引き寄せのDVD、セミナーやワークを受けても、願いが叶っていないのであれば、一概には言えませんが、願いを叶えたい気持ちばかりが強く、完全に信じきれていないのではないでしょうか。
それでは、完全に信じ込むことが出来ればいいのね・・と思っても、そう簡単にはいかないものです。何故か・・それは、観念があるからです。ここでの観念とは、思い込みや常識のことです。複雑に出来ている観念を見直すには、内側を見つめる必要があります。

因みに、私のお勧めは、コルクボードなどに、雑誌の切り抜きなど、こうなりたい自分に近い写真を貼って行き、視覚から徐々に潜在意識へ浸透させる、あの方法です。
これは、過去にアートワークで行い、多くの方が願いを実現されていました。
ついでに、セッションでは、現在、願望実現メゾットについては行っていませんが、繰り返し同じ問題が起こっている場合、観念の入れ替えのワークを行っています。ただし、自己開示が必要なので、あまり面白いとは言えませんが、効果はあります。

関連記事